上海浦東国際空港に1040室の宿泊設備増設へ:中国空港関連ニュース


 現在進められている上海浦東国際空港の拡張計画において、新たに1040室の宿泊施設の設置が検討されていると東方早報が伝えている。
 上海浦東国際空港によれば、現在進められている第三期拡張計画の中で、T1・T2の旅客ターミナルの南側に6階建ての高さ30米建築面積12万平方米の仮眠施設を建設し、1040室の客室を設置する計画が検討されているとのこと。
 合わせて、レストラン、事務、会議室、5800台分の駐車場なども併設されるとのこと。
 これにより、早朝便搭乗客の前泊や、深夜到着便利用者の仮眠などに利用することが可能になり、併せて悪天候時の待機所としての活用も期待されている。
 現在上海浦東国際空港では、既に発表されている2か所のサテライトターミナルやそこへアクセスするための旅客輸送システムの設置が検討されており、2015年末の着工、2019年の竣工が予定されている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください