定時運航率で北京と上海浦東がワースト1、2、日本の羽田が世界一:中国空港関連ニュース


日本の羽田空港が航空機の定時運航率で7月も世界一となり5か月連続で首位の座を守ったと中国日報が伝えている。
アメリカの航空データ専門サイトFlightstats.comが世界の主要国際空港35箇所の定時運行率を調査した結果によれば、日本の羽田空港(東京国際空港)は95.04%で3月から5か月連続で首位になり、この5か月間は91~95%の定時率を保っているとのこと。

2位には同じく日本の成田空港が入り、86.38%となっているが、上記対象の35国際空港以外を含めると、大阪の伊丹空港が96.06%、名古屋空港が91.70%と羽田を上回っており、次いで福岡空港が90.25%、札幌新千歳空港が87.03%、関西空港が87.03%と日本の主要空港は軒並み85%を超え、日本の空港の定時運航率の優秀さを示す結果となっている。

逆にワースト1・2には中国の北京首都国際空港と上海浦東国際空港が並んでしまい、北京首都国際空港が18.3%、上海浦東国際空港が28.72%となっていて、中国の空港の定時運航率の悪さが浮き彫りになっている。
ちなみに上記の2空港以外でも杭州蕭山国際空港が15.18%、上海虹橋国際空港が15.92%、広州白雲国際空港が18.47%など、中国の空港は定時運航率が40%を超える空港が一つもない状態になっており、隣国日本とは対照的な航空状況となっている。

国際空港協会のデータによれば、北京首都国際空港の2012年の利用客数は8193万人で世界2位となっており、航空機の離発着数も急増しているとのことだが、航空関係者によれば空域の混雑に加えてPM2.5による視界不良が定時運行を妨げているとしている。
また羽田空港は昨年の旅客利用者数は6680万人で世界4位となっており、遅刻客が少なかったり、後部座席の人から搭乗したり搭乗客マナーが行き届いていることがスムーズな出発に結びついていると関係者は分析している。

→【北京首都空港周辺のホテルを探す】
→【上海浦東空港周辺のホテルを探す】

☆北京首都国際空港トップ
☆上海浦東国際空港トップ

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です