敦煌莫高空港が滑走路を3400mに延長:中国空港関連ニュース

 甘粛省敦煌市の敦煌莫高空港において、滑走路の3400mへの延長が完了したと民航資源網が伝えている。
 敦煌莫高空港によると、同空港の滑走路は従来2800mであったが、増加する航空需要にこたえるため、600m延長し3400mへの改造が行われ8月17日に切替えられた。
 これにより、敦煌莫高空港は大型機の発着も可能になり、コードDクラスの航空機の発着が保証されるほか、コードE規格の予備発着も可能になるとしている。 

→【敦煌市内のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

敦煌莫高空港の第3ターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース

 甘粛省敦煌市の敦煌莫高空港のT3(第3旅客ターミナル)が竣工し、8月30日から運用を開始したと和訊網が伝えている。
 敦煌莫高空港によると今回完成したT3は建築床面積12398平米、高さ22.8米の2階建てで、神社の社殿のような外観が特長の建物。
今年2016年1月1日に建設を開始し、8月10日に完成、17日の検収を経て昨日30日の運用開始となった。
 敦煌莫高空港では今回のT3の完成により、年間旅客96万人、貨物取扱1700トンを目指すとしている。

→【敦煌市内のホテルを探す】

敦煌莫高空港が対外開放へ、国際線就航可能に:中国空港関連ニュース

 甘粛省の敦煌莫高空港が対外開放され国際線が就航出来る見込みとなったと国際空港信息網が伝えている。
 敦煌空港によれば、近日国家国務院の批准を受けて対外開放される見込みとなろ、シルクロード経済圏の拠点の一つとして機能を高めることになったとのこと。
 これにより、甘粛省では蘭州中川国際空港に次ぐに2つ目の対外開放空港となり、世界遺産の莫高窟の観光玄関口として重要な役割を担うことが期待されている。

→【敦煌市内のホテルを探す】

敦煌莫高空港が4月から拡張工事:中国空港関連ニュース

 甘粛省の敦煌莫高空港がこの4月から拡張工事を行なうと蘭州晩報が伝えている。
敦煌莫高空港の関係者によると、先月拡張工事に関する設計案の審査が批准され、この4月から工事が実施される見込みになったとの事。
 今回の拡張工事は2000年に実施され工事に次ぐ2度目の拡張工事で、2020年までに年間旅客数96万人、貨物取扱500万トンのキャパを想定し、6000平方米の旅客ターミナルと、5500平方米の駐車場、467000平方米の駐機エプロン(6機分)、さらに消防、完成、気象観測などの施設を拡大する予定だとしている。

→【敦煌市内のホテルを探す】