湖北省十堰武当山空港への連絡バスが一足先に開通、開港は2月5日に:中国空港関連ニュース


 湖北省十堰武当山空港から市内への連絡バスが、空港の開港より一足早く1月13日より運行を開始したと十堰日報が伝えている。
 十堰武当山空港によると、市内へのバス路線は2系統が設定され、このうち1号線は十堰火車站(鉄道駅)~空港の20.5㎞の路線で、途中5つの停留所が設置され、全線の所要時間は40分。
 また2号線は六堰~空港の20.0㎞の路線で、途中7つの停留所が設置され、全線の所要時間は45分。
 両路線とも使用されるバス車両にはWIFI設備が使用され、全国27都市の「互聯互通」加盟のプリペイド交通カードが利用できる。
 なお十堰武当山空港は2月5日の正式開港が既に発表されている。
 十堰武当山空港は湖北省十堰市白浪街弁方坱村に設置された2600m×45mの滑走路1本を持つ支線級の空港で開港当初は、上海、西安、杭州への路線の運航が予定されている。

→【武当山のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です