深圳宝安国際空港のイミグレが24時間通関体制に:中国空港関連ニュース


 広東省の深圳宝安国際空港が24時間体制で通関業務を始めたと深圳都市報が伝えている。
 深圳宝安国際空港によると、この24時間通関体制は11日から既には始まっており、航空貨物や旅客輸送の面で便利になるだけではなく、大陸間航空路線の発着条件が整うことになり、今後重要路線の航空便の増加が期待されている。
 深圳宝安国際空港は今年の年間利用客数が5500万人に達すると見込まれており、そのうち1割の550万人が国際便の利用客となっている。

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください