恵州平潭空港の連絡バス、航空ダイヤ切替期に合わせ時刻変更:中国空港関連ニュース

 広東省の恵州平潭空港の各連絡バスが3月29日から運行ダイヤの変更を行ったと恵州新聞が伝えている。
 恵州平潭空港によれば、3月29日から中国国内の航空各社が夏季ダイヤに切り替えたのに伴い、連絡するバスの運行時刻も変更を行ったとのこと。
 具体的な新しい運行時刻は次の通り
◎恵州平潭空港に連絡するバス路線は次の通り
1号線 大亜湾汽車站 17元/人 (経由:恵陽汽車客運総站) 
空港発 10:45、12:20、18:30
市内発 07:40、09:50、15:50
2号線 恵東県汽車客運総站 10元/人  
空港発 09:10、10:45、12:10、18:20
市内発 08:20、08:50、10:10、16:00
3号線 仲愷汽車站・三陽酒店 運賃13元/人(経由:河南岸汽車站) 
空港発 11:00、12:30、18:30
市内発 08:10、10:40、16:40
4号線 恵州汽車客運総站(バスターミナル)行き 運賃9元/人
空港発 10:40、11:00、12:20、18:30
市内発 08:50、09:15、10:50、16:55
5号線 博羅汽車東站 14元/人 (経由:華貿候機楼) 
空港発 10:40、11:00、12:20、18:30
市内発 08:15、10:15、16:20

→【恵州のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

恵州平潭空港が運営再開、リムジンバスも同時開通:中国空港関連ニュース

 広東省の恵州平潭空港が13年ぶりに運営を再開し、地上アクセスも同時に運営を開始したと網易網新聞が伝えている。
 恵州平潭空港によれば、同空港は非常に早い時期の1956年に開港し北京、無錫、九江など国内各地への路線を持つ拠点空港となっていたが2002年に民間輸送を停止してから13年に渡り旅客輸送が行われていなかった。

 その後2005年から旅客便再開の動きは有ったが、諸所の事情で長引き今年になってようやく運営再開にこぎつけた。
 運営再開に当たって設備も一新され、床面積4000平方米の新旅客ターミナルや260平方米の貨物ターミナル、2400米の滑走路を持つコード4C規格の空港として生まれ変わった。
 運営再開当初は、吉祥航空による上海線がが運行されるほか、杭州、重慶、昆明などのへ路線が就航が決まっているとのこと・
 また空港の運営再開とともに、地上交通のバスの運行も同時開始され、恵州バスターミナルなど5路線が開通した。

◎恵州平潭空港に連絡するバス路線は次の通り
 恵州汽車客運総站(バスターミナル)行き 運賃9元/人
 仲愷汽車站・三陽酒店 運賃13元/人(経由:河南岸汽車站) 
 大亜湾汽車站 17元/人 (経由:恵陽汽車客運総站) 
 博羅汽車東站 14元/人 (経由:江北華貿中心) 
 恵東県汽車客運総站 10元/人  

→【恵州のホテルを探す】

恵州平潭空港が2月5日から旅客運用再開へ:中国空港関連ニュース

  広東省の恵州平潭空港が2015年2月5日から12年ぶりに旅客運用を再開することになりったと人民網が報じている。
 恵州平潭空港によると、上海吉祥航空(HO)が2月5日から上海浦東―恵州と杭州―恵州間の航空便を就航させることになったとのこと。
 恵州平潭空港は1985年に民間空港として開港したが2002年に軍用空港に転用され、旅客業務を停止していた。
 その後2007年に再び恵州市と深圳航空が恵州平潭空港の旅客利用開発に同意したため、2008年にはチャーター便利用が始まっていたが、正式再開には8年の歳月がかかり今回ようやく旅客運用再開にこぎつけたとしてういる。
 また現在、昆明航空による昆明と重慶への路線開通も検討中で、交渉がうまく進めば2月5日の運航再開日に合わせて運行開始となる可能性があるとしている。

→【恵州のホテルを探す】