上海第三空港は江蘇省海門市に基本確定か:中国空港関連ニュース


 上海市の三番目の空港となる新空港の建設位置が基本確定したと上海証券報が伝えている。
 報道によると、上海第三空港は江蘇省海門市の四甲鎮及び周囲の集落附近に基本けっていされたと海門祖工商業連合会参加企業の新春座談会で伝えられたとのこと。
 上海第三空港の予定地とされる場所は、上海市から直線距離で60キロメートルの位置にあり、計画敷地面積20万平方キロメートルで年間旅客キャパ5000万人を想定して設計されるとのこと。
 これを受けて、現地集落周辺では、戸籍や土地、建物など不動産関係の契約関係が凍結され、空港建設の準備が進むと見られている。
 また上海からのアクセスとして、既に建設計画が決まっている沿江高速鉄路のほか複数のアクセスルートが計画されているとしている。
 江蘇省政府では2019年の政府事業報告の中で、この新空港建設をを明確に決定したいとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【南通のホテルを探す】
→【海門のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください