義烏市のタクシー値上げ、初乗り8元に:中国空港関連ニュース

 浙江省義烏市のタクシーが1月30日から値上げされたと杭州日報が伝えている。
 義烏市交通局によれば、義烏市のタクシー運賃について2016年1月30日から従来の初乗り5元/2キロから8元/2キロに値上げになったとのこと。
 2キロを超える部分は6キロまで1キロ毎に2.5元の加算、6キロを超える区間については帰還保証として40%の加算となる。
 また深夜料金は従来通り23時から翌朝5時までの間は、全体総額に10%加算となるとしている。
 現在義烏にはタクシー業者は11社、運転手3200人、車両1512台が運営されている。

→【義烏のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

義烏空港から金華へ直通バス、一か月間は無料:中国空港関連ニュース

  浙江省の義烏空港から金華への直通連絡バスが10月16日から運行されることになったと先日報道されたが、運行開始から1ケ月間は運賃が無料となる措置が取られると銭江晩報が報じている。
2014年10月9日掲載「義烏空港から金華へ直通バス開通」

 義烏空港によると、金華への連絡バスは10月16日から1日8往復が運行開始となるが、11月15日までの最初の一か月間は無料で運行され運賃は不要となるとのこと。
 但しダフ屋の出現など混乱を避けるために、ネットや電話での予約は不可能で、空港や金華汽車南站(金華南バスターミナル)で直接乗車券を受け取ることになるとしている。
 なお無料期間終了後の11月16日からは1人20元の運賃となり、今回の無料乗車券を含めて14日前からの購入(取得)が可能だとしている。

→【義烏のホテルを探す】

→【金華のホテルを探す】

義烏空港から金華へ直通バス開通:中国空港関連ニュース

 浙江省の義烏空港から金華への直通連絡バスが10月16日から運行されることになったと銭江晩報が報じている。
 義烏空港によると、金華側の離発着点は金華南バスターミナル(汽車南站)で、1日8往復が、それぞれ1時間半の間隔で運行されるとのこと。
 この連絡バスは全線で高速道路を走るので、所要時間は概ね1時間以内が見込まれ、運賃はまだ発表されていないが、金華から義烏のバスターミナルまでの長距離バスの運賃が17元であるためほぼ同等の運賃設定が行われるものと見られている。
 なお車両は19人乗りの豪華車両が使われるとのこで、やや乗車定員が少ないので余裕を持って乗車しないと乗りきれないということもありうるので注意が必要。

 運行予定時刻は次の通り
義烏空港発
 10:00、11:30、13:00、14:30、16:00、17:30、19:00、20:30発
金華汽車南站発
 06:30、08:00、09:30、11:00、12:30、14:00、15:30、17:00発

→【義烏のホテルを探す】

→【金華のホテルを探す】

義烏空港が年内にも対外開放へ:中国空港関連ニュース

 浙江省の義烏空港が年内にも対外開放され国際線が就航する可能性が高まったと義烏新聞網が伝えている。
 関係者によれば、義烏空港の国際ターミナルは1.34万平方米、駐機場4687.5平方米、3機分のC規格の駐機エプロンが設置され、今年4月に民航局の検収を終え、後は対外開放の批准を待つばかりになったとのこと。
 義烏空港では1991年の開港以来、1993年と2006年に渡って旅客ターミナルが拡大され、航空会社5社、21都市への航空路線が就航し、1日最大150便が離発着している。
 昨年11月、義烏空港では開港以来初めて年間旅客数が100万人の大台を突破し、浙江省で4番目の100万人越えの空港となり、中型機の乗り入れも徐々に増えつつあるとのこと。
 また1日の貨物取扱も5000トンで、そのうち90%が小荷物郵便であり、中国のネットビジネスの成長を後押ししていると言われる。
 ただ現在は滑走路など空港設備の問題で、貨物専用機の離発着が出来ず、旅客機搭載のみの貨物扱いとなっているため、貨物輸送には限界があり、今後は設備の改良が検討されているとしている。
 もし今後対外開放が実現すれば、巨大な物流基地を抱えている義烏にとって大きな前進となることが予想されており、香港やドバイ、韓国などへの直行便の運航開始が見込まれているとしている。

→【義烏のホテルを探す】