深圳宝安国際空港から中山市への水上連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港と中山市結ぶ水上バス(フェリー)が運航を始めたと広州日報が伝えている。
 深圳宝安国際空港によると、空港と中山市とを結ぶ水上バス(フェリー)は中山港シティエアターミナル(中山フェリー埠頭内)を発着点とし、1日8往復、所要時間は45分、運賃は普通席で大人片道120元が設定されるほか、ファーストクラスや貴賓クラスも用意され、往復割引もある。
 また中山港シティエアターミナルでは深圳宝安国際空港を発着する一部の航空会社のチェックインサービスや、委託荷物の預け入れなどが行え、手ぶらで空港に向かうことも可能としている。
 なお深圳宝安国際空港と水上バス(フェリー)乗り場は若干離れているため、無料連絡バスが運行されるとしている。
 この水上バスの開通により、陸路で非常に時間がかかっていた深圳宝安国際空港から中山市への移動が大幅に短縮されるとしている。
 水上バスの運賃と運航時刻は次の通り
 
<片道料金>
大人 普通120元 ファーストクラス150元 貴賓クラス 180元
子供 普通 60元 ファーストクラス 75元 貴賓クラス 90元
老人 普通 90元 ファーストクラス120元 貴賓クラス 150元
<往復料金>
大人 普通220元 ファーストクラス280元 貴賓クラス 340元
子供 普通120元 ファーストクラス150元 貴賓クラス 180元
老人 普通160元 ファーストクラス220元 貴賓クラス 280元
<出航時刻>
深圳宝安国際空港
09:30、12:10、15:40、18:30
中山港
07:45、10:50、13:30、17:00

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳市のホテルを探す】
→【中山市のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

香港国際空港から広州蓮花山港へのフェリーようやく開通:中国空港関連ニュース

 香港特別行政区の香港国際空港から広州市番禺地区蓮花山港への連絡高速フェリーが当初の予定より半月起きれ、ようやく7月16日から運航を開始したと羊城地鉄報が伝えている。
 香港国際空港によると、このフェリーは香港国際空港の海天碼頭(スカイピア)から広州市番禺地区蓮花山港まで1日2往復が運航されるとのこと。
 このフェリーを利用する場合、香港国際空港で香港側に入境することなく乗り継ぎが可能で、委託荷物についても預け直しする必要がなく目的地まで運んでもらうことが可能となっている。
 また広州側の出発も同様で、一部の航空会社では乗船前にチェックインと荷物を預けることが可能で、そのまま最終目的地まで預け直しすることなく移動することが可能になっている。
 なおこのフェリーの利用は当日或いは翌日の航空券の提示が必要で、フェリー単独の利用は出来ないものとなっている。
 所要時間は約90分、運賃はそれぞれ出発地の通貨で定められ、蓮花山港発が普通席300RMB、ファーストクラスが350RMB、貴賓席が400RMBで、子供はそれぞれ100RMB割引きとなる。
 また香港国際空港発は普通席300HK$ーストクラスがHK$、貴賓席が400HK$で、子供はやはりそれぞれ100HK$割引きとされている。

香港国際空港発
11:20、16:00
蓮花山港発
09:10、13:50

→【広州市内のホテルを探す】
→【香港国際空港周辺のホテルを探す】
→【香港市内のホテルを探す】

香港国際空港トップ
香港国際空港から周辺都市へのフェリー
香港国際空港からエアポートエクスプレス
香港国際空港からの地下鉄
香港国際空港からリムジンバス
香港国際空港からタクシー
香港国際空港から周辺都市への長距離バス


 

香港国際空港から広州番禺への高速フェリーが7月1日から就航:中国空港関連ニュース

 香港特別行政区の香港国際空港から広州市番禺地区への連絡高速フェリーが7月1日から運航を開始すると広州房産が伝えている。
 香港国際空港によると、広州市番禺地区への連絡フェリーは蓮花山港を離着点とし、香港国際空港海天碼頭(スカイピア)まで1日2往復が運航される。
 所要時間は約90分で、運賃はそれぞれ出発地の通貨で定められ、蓮花山港発が普通席300RMB、ファーストクラスが350RMB、貴賓席が400RMBで、子供はそれぞれ100RMB割引きされる。
 また香港国際空港発は普通席300HK$ーストクラスがHK$、貴賓席が400HK$で、子供はやはりそれぞれ100HK$割引きされる。
 このフェリーを利用する場合、香港国際空港で香港側に入境することなく乗り継ぎが可能で、委託荷物についても預け直しする必要がなく目的地まで運んでもらうことが可能とのこと。
 また広州側の出発も同様で、一部の航空会社では広州側でチェックインと荷物を預けることが可能で、そのまま預け直しすることなく航空機に搭乗できるとしている。
 なおこのフェリーの利用は当日或いは翌日の航空券の提示が必要で、フェリー単独の利用は出来ないものとなっている。

香港国際空港発
11:20、16:00
蓮花山港発
09:10、13:50

→【広州市内のホテルを探す】
→【香港国際空港周辺のホテルを探す】
→【香港市内のホテルを探す】

香港国際空港トップ
香港国際空港から周辺都市へのフェリー
香港国際空港からエアポートエクスプレス
香港国際空港からの地下鉄
香港国際空港からリムジンバス
香港国際空港からタクシー
香港国際空港から周辺都市への長距離バス

深圳宝安国際空港から香港マカオ埠頭への高速フェリー開通:中国空港関連ニュース

広東省の深圳宝安国際空港から香港島上環のマカオ埠頭への高速フェリーが開通したと南方日報が伝えている。
 フェリーの運航会社によれば、運行は週末の土日と祝日に1日2往復が行われ、深圳宝安国際空港から香港島上環地区のマカオフェリーターミナルの間を45分程度で結ぶ。
 深圳宝安国際空港のイミグレではこのフェリー利用客の待ち時間を極力短かくするため、人海戦術で対応し、通関時間を5分程度で完了するよう配慮するとのこと。
 運行時刻は深圳宝安国際空港発が09時30分と17時、香港島発が08時と15時30分となっていて運賃は香港発が普通席は1名222HK$、豪華席1名377HK$、深圳発が普通席は1名222RMB、豪華席1名377RMBとするとしている。 

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳のホテルを探す】