山西省の臨汾喬李空港が供用再開:中国空港関連ニュース


  山西省の臨汾喬李空港が1月25日に正式開港したと山西晩報が伝えている。
 臨汾喬李空港は臨汾市尭都区喬李鎮に位置し、臨汾市の中心部から約15キロの建設された空港で、1,960年にいったん開港したが諸原因によりその後閉鎖され今回約50年ぶりの運用再開となったとのこと。
 臨汾喬李空港は2600mX45mの滑走路1本と9機分の駐機エプロン、1.4平方キロメートルの敷地を持つコー4C規格の支線級の空港で、B737-800型機やA320シリーズなどの中型機が離発着可能だとしている。
 開港当初は天津航空(GS)による呼和浩特―臨汾-海口便がEMB190型機を使用して運行される。

→【臨汾のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です