青海祁連空港が開港、西寧まで50分:中国空港関連ニュース


 青海省の祁連空港が8月28日に開港したと新華報が伝えている。
 祁連空港は青海省海北州祁連県の中心部から東へ35キロの場所に建設され、3400米の滑走路1本を持つコード4C規格の地方空港。
 3000平方米の旅客ターミナルと4機分の駐機エプロンを備える。
 今回、青海祁連空港が開港したことにより、従来の地上交通で5時間を要していた西寧市への移動が、わずか50分に短縮されることになるとしている。
 祁連空港の建設された祁連山南麓は雪豹やヒグマ、岩羊など貴重な野生生物の宝庫と知られ、これらの研究を行う研究者たちにとって貴重な足となることが期待されている。


 

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください