武漢天河国際空港の應城・紅安の2つのシティエアターミナルがオープン:中国空港関連ニュース


 湖北省武漢市の武漢天河国際空港の2つの遠隔地シティエアターミナル(城市候機楼)が相次いでオープンすると中国民航網が伝えている。
 武漢天河国際空港によると、今回シティエアターミナルをオープンするのは紅安・應城の県級の都市で、いずれも革命時代から発展した古い街とのこと。
 各シティエアターミナルでは、チェックイン手続きやホテルの予約、市内への無料送迎などが行われ、併せて武漢天河国際空港への連絡バスが運行される。
 このうち應城シティエアターミナルでは應城発07:00~18:00、空港発10:30~21:30の間に約1時間半ごとに8往復のバスが運行される。
 また紅安シティエアターミナルでは紅安発07:00~18:00、空港発09:00~21:00の間に約2時間ごとに6往復のバスが運行されるとしている。

→【武漢天河国際空港周辺のホテルを探す】
→【武漢のホテルを探す】

→【紅安のホテルを探す】
→【應城のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください