北京地下鉄が均一運賃を廃止し距離制へ移行:中国空港関連ニュース


 北京市の地下鉄が全線均一運賃制度を廃止し、12月28日から距離制運賃に移行したと新華網などが伝えている。
 北京市の地下鉄ではこれまで乗車距離に関わらず、全線で2元の均一制度運賃を保ってきたが、路線網の拡大と運営コストの増大を受け12月28日より値上げ及び制度の見直しを図ることになった。
 今回の改定により地下鉄運賃は、具体的に6キロ以内は3元、6キロ超12キロまでが4元、12キロ超22キロ以下が5元、22キロ超32キロ以下が6元となり、32キロ超は20キロごと日1元加算される。
 また地下鉄構内滞在時間が4時間に制限され、4時間を超えると超過料金が発生する制度になるとのこと。
 ただし、北京首都国際空港と市内を結ぶエアポートエクスプレス(機場線)の運賃変更は行われない。
 また地下鉄運賃制度の変更に合わせて公共バスも10キロ以内が2元となるとしているが、エアポートリムジンバスはやはり従来通りの運賃となるとしている。
 またこの運賃改定日に合わせて、北京の地下鉄では6号線2期、7号線、14号線、15号線一期西区間の4路線が一挙に開通し、北京の軌道交通の総延長は527キロに達することになった。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください