漢中城固空港が開港、市内への連絡バスも開通:中国空港関連ニュース

 陝西省の漢中城固空港が8月13日に開港し、翌日14日から漢中市内への連絡リムジンバスも開通すると華商報が伝えている。
 漢中城固空港によると新空港は2500mX45mの軍民共用滑走路1本を持つ支線級の4C規格の空港となり、5500平方米の旅客ターミナルと5機分の駐機エプロンが設置されたとしている。
 開港式は8月13日の午後に執り行われ、当面は北京発西安経由の便が1日1便のみ運行されるとのこと。
 運航ダイヤは東方航空MU2218便が漢中城固空港発7時20分で西安咸陽国際空港着が8時ちょうど、MU2217便が西安発22時10分で漢中着が22時50分となっている。
 またこれに合わせて14日から市内への連絡リムジンバスも開通し、漢中市高速客運站(高速バスターミナル)までの全26キロの区間をおよそ40分程で結ぶとしている。
 バスは途中、商業大厦、中心医院東門、市政府、軍分区、桃心島の5カ所を経由するルートで運行され、航空便に合わせて朝5時と夜22時の1日2便が予定されている。
 また運賃は8元に設定されているとしている。

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

陝西省漢中城固空港が8月13日開港:中国空港関連ニュース

陝西省の漢中城固空港が8月13日に正式開港すると新華網が伝えている。
漢中城固空港は2011年8月31日に中国国務院などによって、軍民併用空港として建設が認可され、2500mX45mのの滑走路と3000平米の駐機エプロン、5500平米の旅客ターミナルが建設された。
 国内支線級の役割の4C規格として整備され、2020年までに年間旅客陵30万人、貨物取扱30万トンが目指されているとのこと。
 関係者によると7月17日に最終検収が終わり、24日正式登録され開港準備がすべてt整ったとのこと。
 開港当初は中国東方航空西北分公司により漢中―西安―北京線がA320の機材を使って1日1便運航が行われ、今後深圳などへの路線の就航が予定されている。