包頭海蘭泡空港の新旅客ターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース

内蒙古自治区の包頭海蘭泡空港の新旅客ターミナルが11日から供用開始となったと正北方網が伝えている。
 包頭海蘭泡空港によると新旅客ターミナルは総面積3.1万平方米で、15基のボーディングブリッジを備え、コードCクラスの航空機11機、コードDクラスの航空機1機が駐機できるエプロンが設けられ、内部には22箇所のチェックインカウンター、8箇所のセキュリティゲートが設置された。
 これにより年間400万人の旅客利用が可能になり、従来ターミナルの設計容量49.5万人の9倍ものキャパを持つことになったとのこと。
 包頭海蘭泡空港は3100mX45mの滑走路を持つコードD規格の空港で、1934年開設と言う非常に古い歴史を持ち、日本軍に占領されたこともある。
 現在年々旅客数が急増しており今年は190万人の利用客に達する見込みで、新ターミナルの完成が待ち望まれていた。
 
→【包頭のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村