中国南方航空が長距離国際路線で有料座席選択制を導入:中国空港関連ニュース


 中国南方航空(CZ)が長距離国際路線に置いて、座席の位置を指定する場合に有料とする有料座席選択制度を12月から導入することになったと民航資源網が伝えている。
 先月中国国際航空(CA)において、米ヒューストン、サンフランシスコ、ロスアンジェルス、フランクフルト、パリ、ロンドンの6路線に置いて、有料座席選択制が導入されたが、南方航空もこれに倣う形で導入が検討されているとのこと。
 中国国際航空の例に倣えば、座席区分は大きく3つに区分され、各ブロックの1列目と緊急脱出口の位置はほかの席より20%もシートピッチが広いので600元、2列目~10列目は出入りに有利という事で100元、11~20列目が50元となっているとしていて、南方航空でも概ねこれに倣った座席区分が行われる可能性があると見られている。

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください