合肥新橋国際空港その4「まだ引っ越し中」


私は預け入れ荷物が無かったので、そのままゲートをスルーして待合ゲートへ。
空港開港を取材するメディアの人たちの姿は多かったが、一般客の数はまばらで、到着客を迎えに来ている人の数もそれほど多くなかった。
確かに既に夜の24時を回っている時間帯なので、そんなに到着客をは多いはずはないのである。
到着階のレストランなども当然やっていない。
それでも、今晩どのくらいの数のフライトがこの空港にやってくるのか確かめようと、到着便情報ボードを見つけたところ、なんと写真のようにまだ稼働しておおらず画面が真っ黒だったのである。(笑)
恐らくこんな光景も停電時と開港時しか見られず、やはり独特の光景である。

まだ何の文字も表示されていなかった。

まだ何の文字も表示されていなかった。

さて、市内へのバスにはまだ時間に余裕がありそうだったので、とりあえず出発ロビーに上がってみた。
この空港も軽量鉄鋼組の屋根の高い構造の空港ターミナルになっており、白を基調とした天井と柱が明るく感じ、一部は到着階から吹き抜けになっていて広々と感じる。
まあ美しいと言えば美しい空港ターミナルだが、実は最近の中国の空港は多少のデザインの違いは有れどもほとんどがこんな構造の空港になっており、目隠しして連れて来られたらどこの空港か見分けがつかない程にどの空港も雰囲気が似通っている。
流行りなのか空港を設計するデザイナーがあまりいないのか分からないが、ここまで似ていると横並びになり過ぎて美しさが美しさでなくなり、各空港が没個性化している印象は否めない。

高い天井が広々と感じる

高い天井が広々と感じる

2階の出発階のチェックインカウンターを見に行こうとしたら、航空会社の制服に身を包んだ女性たちがゴロゴロと手押し車に段ボールやパネルやらを載せて外から入ってきた。
どうやら旧駱崗空港から運ばれてきた荷物のようで、つまり今回の空港引っ越しの荷物であるようで、旧空港が22時に閉まったあと荷造りして運んできたものだと思われ、これも開港当日ならではの光景である。

大きな段ボールがいくつも運ばれてくる。

大きな段ボールがいくつも運ばれてくる。

出発階の天井には新空港開港を祝う垂れ幕が2本下がっていたが、逆に言うと新空港の開港を祝うといった雰囲気はこの垂れ幕以外には見つけることが難しかった。
日本なら、もう少しあちらこちらに花飾りやリボンなどが装飾され開港に花を添えそうなものであるが、中国ではそこまでの事はやらないようである。

これ以外の装飾はほとんど見当たらなかった。

これ以外の装飾はほとんど見当たらなかった。

空港の表に出るとこの日は雨が降っていた。
空港を外側から見るとガラス張りの外壁からは内部の様子が非常に明るく見え、周囲まで照らす姿がとても印象的で、まるで巨大な宇宙船のようでこの空間に入りたくなる魅力を放っている。

内部から光が漏れて美しい

内部から光が漏れて美しい

一階到着ゲートのすぐ外にリムジンバス乗り場とタクシー乗り場はあり、リムジンバスの切符売り場の建物もあった。

通常はここで料金を払う

通常はここで料金を払う

今夜に限りリムジンバスは無料とのことで、切符売り場は閉まっていたが、本来ならここで料金を払うことになり、市内までは25元とのこと。
まあバスとして考えると決して安くはないが、市内までの距離を考えると致し方ない料金ではあるが、なんといっても今夜は無料なのでとてもラッキーである。

(つづく)
→【合肥のホテルを探す】

合肥新橋国際空港トップ
合肥新橋国際空港からリムジンバス
合肥新橋国際空港からタクシー

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください