中国国内線航空券の燃油サーチャージ3月から徴収再開へ:中国空港関連ニュース


 国際原油市場の値上がりを受けて、3月5日から国内線航空券に加算される燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)が復活することになったと中国新聞網が伝えている。
 中国発展改革委員会によると、2月27日午前零時より中国国内の石油製品取引価格について、ディーゼル油は1トン当たり375元、ガソリンは390元値上げすることになったとのこと。
 これを受けて、2月5日に廃止となった国内線航空運賃に加算される燃油サーチャージについても3月5日の発券分から復活する見込みとなり、1ケ月限りの休止期間となる公算が高くなったとのこと。
 具体的な徴収額については現在、関係機関で調整中で間もなく発表されると見られている。

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください