上海浦東国際空港から深夜にバスで上海市内の上海虹橋国際空港へ移動してみた その2

その1はこちら

守航線の上海浦東国際空港から市内への道のりは高速道路を走らず一般道を走ったのだが、真夜中のため混雑もなく至ってスイスイと進む。
ただ、今回は一部工事中の箇所を進んだため、結構揺れた。
上海ディズニーランド近くの関連道路だの地下鉄などが建設されているエリアは、非常に道が悪い状態になっているようだ。

そしてこの守航線バスの空港出発後の最初の停留所は「龍陽路」であり、地下鉄とリニアの駅の前である。
今回ここに到着した時刻が1時52分で空港からおよそ30分くらいで到着する。
当然リニアも地下鉄も動いていない時間帯だが、停留所にはこのバスからの客待ちのタクシーが並んでおり、バスの降車口で客引きを行なおうと懸命に運転手が勧誘する。
 上海では最近は悪質なタクシーは減ったが、そうは行っても深夜だけにやや心配な面もあり、出来れば外国人は流しのタクシーを拾ったほうが安全と思われる。

上海浦東国際空港の守航線の降車客を待つタクシー

そしてバスは龍陽路を出発したあと、市内の目抜き通りの一つ世紀大道に入り、市の中心部に向かってひた走ることになる。
2時ちょうど(空港から50分)に東方路のバス停に到着したが、ここには降車する利用客は少なかった。
次の東方医院のバス停は降車客がいなかったために、2時5分頃に通過(空港から55分)しただけで、バスはそのまま黄浦江のトンネルへと向かう。

ルートの左手には金茂大厦や上海環球金融中心、さらには前方には上海のシンボルとも言える東方明珠塔などが暗闇の中に僅かに見えるが、深夜ということもあってライトアップもなく、その姿をはっきり確認するのは難しく、深夜の移動で浦東地区の摩天楼の観光気分を味わうというのは少々難しいという気がする。

バスはそのまま黄浦江のトンネルを抜けて浦西と言われる上海の中心部に入り、人民広場に到着する。
人民広場の降車場所は西蔵路の手前の延安東路上の雲南路と交差点付近であり、今回は2時10分に到着(空港から60分)した。
ここにもタクシーが沢山待ち構えていて、上海駅などどこへ移動するのにも不便はない。
ただ、ここまで来ると上海市内を走る深夜バスにも乗り継げるので、ここまで安く乗ってきたのだから、行先によってはここから敢えて高いタクシーに乗る必要もない。

人民広場バス停前には降車客狙いのタクシーが沢山いる。

人民広場バス停前には降車客狙いのタクシーが沢山いる。

その後、バスはそのまま延安路を進み、石門一路に到着したのが2時16分(空港から66分)だったが、ここで降りた客は1組しかなかった。
上海のバスの場合は日本と違って降車客がいないとどんどん通過して行ってしまうので、中国語が得意ではなく地理も詳しくない人は予め運転士に降車予定停留所を伝えておいたほうが安全である。
そして静安寺近くの華山路についたのが2時21時分(空港から71分)であり、延安中路上の華山路との交差点手前の静安公園の前に到着する。
静安寺の繁華街もこの時間になるとかなり静かである。

バスは華山路の次は虹許路まで停車しないため、中山公園方面や徐家匯方面へ行く場合はここで降りるのがベストとなる。
虹橋開発区を右に見ながらバスはそのまままっすぐ進み、次の虹許路バス停に2時30分(空港から80分)頃に到着した。
虹許路のバス停には延安西路上の虹許路との交差点を超えた辺りにあり、ほとんどの乗客はここで降りることになると思われ、虹橋空港のT1まで行く客は上海虹橋国際空港への乗継ぎ目的などのごくわずかの乗客で、実際この日にも虹許路で降りなかった乗客は僅かだった。

そして最終目的地の上海虹橋国際空港T1への到着は午前2時38分(空港から88分)だった。
虹橋空港は夜中ではあるが、一応照明が煌々とついていた。

深夜の上海虹橋空港国際第一旅客ターミナル

ただ、上海虹橋国際空港のターミナルは一応解放されてはいるものの、夜中の滞留は歓迎されていないようで、内部のベンチに座っている人はいなかった。

夜中の上海虹橋国際空港T1内部。

夜中の上海虹橋国際空港T1内部は誰もいなく静かである。

上海虹橋国際空港T1の出発便に乗り継ぐには、ここで時間をつぶす必要があるのだが、実はターミナル内を通って1階に下りて外に出るとそこには24時間営業のマクドナルドがある。
この空港で、この時間帯に営業しているのは唯一このマクドナルドだけであるため、出発便待ちの人に有り難い店舗となっており、今回もここで時間を過ごしている人が何人もいた。

上海虹橋国際空港1階のマクドナルドは24時間営業

上海虹橋国際空港1階のマクドナルドは24時間営業

ただT1の出発便に乗る場合はここで待てばいいが、T2の早朝便に乗り継ぐ場合は早めに移動しておく必要がある。
日中ならばターミナル間の無料シャトルバスに乗って移動することも可能だが、6時台7時台といった早朝便に乗りたい場合はシャトルバスが動き出すのが6時の為、やや時間がタイトとなる。

その場合はタクシーで移動することになり、そういった利用客目当てか、T1の1階の到着ロビー外ではタクシーも何台か客待ちをしてる姿があった。
今回T1からT2へのタクシーは利用しなかったが、調べてみたところ6キロほどの距離で5時までの深夜料金時間帯だと30元弱、5時以降なら日中料金のため22元ほどで利用できるようであり、5時を待って移動しても十分間にあう。
 もちろん、早めに移動してT2で時間を待つというのも可能だが、T2自体は開いているはずだが、飲食店などの店舗が深夜は閉まっているため、上記のマクドナルドなどで時間を潰して5時を過ぎてから移動した方が賢明だという気がする。
 とにかく、この「守航線」という深夜バスの存在は、地元住民にとっても乗り継ぎ客にとっても、時間とお金を有効に使うための有り難い存在であることは間違いないようだ。

※2015年04月23日上海浦東国際空港からの深夜バス、終点を上海虹橋国際空港T2へ変更

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海浦東国際空港から深夜にバスで上海市内の上海虹橋国際空港へ移動してみた その1

上海浦東国際空港には市内までのリムジンバスの系統が8系統程あるが、何れも23時まででその後は運行を終了してしまう。

では、23時からあとはタクシーしか手段が無いかと言えばそうではない。

実は上海浦東国際空港には23時以降も最終便の到着後まで、上海市内の上海虹橋国際空港まで運行される「守航線(shou3hang2xian)」という最終便バスが存在する。

 路線は一系統だけだが、市内の中心部を通って上海虹橋空港のT1まで運んでくれるため、上海在住者が上海浦東空港に深夜便で到着した場合や、上海浦東国際空港に深夜に到着して上海虹橋国際空港からの早朝便などに深夜の移動で乗り継ぐ場合などに非常に便利なバス路線となっている。

今回物好きにも、そんなバスに体験乗車してきた。

さて上海浦東国際空港の公式サイトにはこの「守航線」の運行時間は「23時から当日最終便到着後45分後まで運行」とある。
この当日便という解釈が何時までの便を指すか微妙だが、上海浦東国際空港の航空便の運行状況をチェックすると、国内線の最終便到着の定刻は深夜2時頃までとなっていて、その後2時間ほど空いて4時以降に東南アジアからの国際線便が到着するのだが、これは恐らく早朝到着便と解釈されそうなので、およそ2時までの国内線が当日便の基準になると思われる。
 で、今回乗り遅れて戻りが朝になるのが嫌だったので、安全策をとって深夜1時頃のバスを待って乗ることにした。

昼間の機場1線と同じ1番乗り場

昼間の機場1線と同じ1番乗り場

守航線の乗り場は、T1の1階の到着ロビー中央付近から6番扉を出たところの、昼間は機場1線の出発する1番乗り場である。

ただ、日中は混乱を避けるためか案内表示の看板に幕が駆けられ見えないようになっていて、23時を過ぎて初めて表示されるようになっている。

夜にだけ登場する表示である。

夜にだけ登場する表示である。

 実はこの守航線は日中の各バス路線と違って専用車両というものはなく、日中の路線の車両を流用して運用が行われているようで、今回私が乗った車両も本来は市内の静安寺に向かう「機場2線」の車体をそのまま使用していた。
故に車体の表示は「機場2線」となっていて、車体に「守航線」の表示はどこにもない

 まあこの時間帯に既に他のバスは動いておらず、「守航線」標識の出ている場所に止まっているので、このバスがおよそ「守航線」だというのは何となく分かるのだが、やはり車体に何にも表示が無いと誰もが不安になるようで、バスのそばにいる係員に確認するケースが何度も見られた。
 ただどのバスでも元々リムジンバスなのでトランクルームも使えるようになっており、スーツケースなどはトランクに預けることができる。

 運賃は事前に払う必要はなく、とりあえず乗ってしまってからバスがT2に移動した後に車内で払うことになる。
これは昼間の他のリムジンバスと同様の扱いとなっている。

トランクルームに荷物を預ける人。奥の男性は運転手。

トランクルームに荷物を預ける人。奥の男性は運転手。

さて私の乗ったバスは1時12分くらいに満席となったが、そのあとも何人か乗ってきた。
原則として立ち席乗車は禁止のはずだが、この時間帯であることもあって、立ち席でもいいからと乗客達は次々と乗り込んできて、結局立ち席客がいる状態でバスは出発した。

直ぐに満席になった。

直ぐに満席になった。

バスはT1を出発した後に、ぐるっと空港の周回道路を回って次にT2のバス乗り場に到着する。
空港内の表示ではこの「守航線」は昼間の便と違ってT1からしか出発しないような説明だったが、実際はT2のバス乗り場にも待っている人がいたのでT2からでも乗車できるようである。
(ただ保証はないので案内通りにT1に廻ったほうが確実ではある。)

T2の乗り場で守航線を待つ人たち

T2の乗り場で守航線を待つ人たち

運賃は、ここで乗り込んできた運賃徴収係のおばちゃんに払うが現金のみの対応となっていて、上海虹橋国際空港までなら30元だが、途中で市内の各所にも立ち寄るので、例えば人民広場までなら20元となっていて行先を伝える必要がある。
運賃と引き換えに乗車票を渡されるが、これが切符とレシートを兼ねている。
さて市内へ向けていよいよ出発である。

(その2へ続く)

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

電圧表示のない上海浦東国際空港のコンセント

昨日、久々に上海浦東国際空港を訪れ、到着ロビーで時間を過ごしていたのだが、一つ気になったものを発見した。
上海浦東国際空港T1の1階の到着ロビーのちょうど中央付近には、到着待ち客のためのベンチがあり、更にはパソコンやスマホなどの充電用の電源コンセントがある。

ベンチの数に対して、コンセントの数は少ないなという印象は否めないが、まあコンセントそのものがない空港もあるので、到着ロビーにあるものとしては十分だろう。
ところが、そこで気になったのは電圧表示が全くなかったのである。

電源コンセントの表示はあるが電圧表示はない。

電源コンセントの表示はあるが電圧表示はない。

恐らくここは中国なので、この電源が220Vであるのは間違いないことであろうが、しかし上海浦東空港が国際空港であることを考えれば、少々配慮に欠ける設備表示だということが出来る。
当たり前の話であるが世界の電源の電圧は国によって違い、例えば日本の家庭用コンセントは100Vであり、基本として日本国内の電化製品は中国では使えないので、日本の100V用の電化製品のプラグを220Vのコンセントに繋げば壊れる可能性がある。

まあ最近のノートパソコンや携帯電話用の充電器は海外使用の可能性を意識して、幅広い電圧に対応できるものがほとんどであるが、必ずしも全ての商品が対応できるものとは限らず、日本以外の国の物は尚更事情が分からない。
 つまり中国の220V電圧に対応していない機器繋げば壊れる可能性があるのだが、この設備の設置者はその可能性を見落としているのか、電圧表示を書き漏れしているのである。

スマホなどの電源供給用にUSB用の挿入口もある。

スマホなどの電源供給用にUSB用の挿入口もある。

シールが逆さまだという気がする。

シールが逆さまだという気がする。

 つまり、この世界の人が集まる国際空港の電源コンセントに電圧が表示されていないのは、やはりここが国際空港であるという意識にどこか欠けるといった印象を持ってしまうのである。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

先週の雷雨の時の写真

先週の雷雨は凄かった
先週の8月1日の雷雨の時には自宅にいた。
非常に暑かった日の夕方3時半過ぎからだったろうか?
風がビュービューと強くなり、強い雨がいきなり降りはじめた。

向かいの建物さえ水煙で見にくい状態に

向かいの建物さえ水煙で見にくい状態に

これまでも夏の夕立程度の雨は上海で何度も体験しているが、今回の雨は体験したことが無いような強い雨だった。
バケツをひっくり返したという表現がぴったりのような雨が降り、風がビュービューと水煙を巻き上げ、その水煙で私の家の道路を挟んだ向かい側の住宅が見えなくなるほどに真っ白い世界となったのである。
よく北国の雪景色の中ではこういったホワイトアウト的な風景を目にするが、雨の水煙で視界が見えなくなるような体験は初めてだったような気がする。
そしてベランダから見える眼下の道路にもどんどん水が溜まって行った。
ここへ引っ越してきて4か月近くになるが、本来そこは水が溜まるような場所ではなく、これまで降った雨で水溜りが出来たことは見たことが無く少々の雨でも道が塞がれるようなことは無かった。
しかし今回の雨では排水設備が間に合わないのかあっという間に道路をふさぐほどに大きな水たまりが出来、やってきた車が躊躇する程広く深い水たまりが出来ていたように思う。
こちらは上から見ていたので、詳しくは分からないがひざ下くらいまであっただろう。
その水たまりを大きな水しぶきを上げて走り抜ける自動車の様子もすごかったのである。

水溜りを走りぬける

水溜りを走りぬける

もう姿さえ分からない

もう姿さえ分からない

実は、この道の先には空港を潜るトンネルがあるのだが、確認はしなかったが恐らく冠水は免れなかったのではないかと言う気がしている。
そして虹橋空港自身も案の定、16時~17時半まで90分ほど滑走路が閉鎖されたというのが翌日のニュースに出ていた。
2時間以上の遅れた便が123便、4時間以上遅れた便が44便、52便が欠航となったとのこと。
まあ迷惑を被った乗客達には気の毒だが、あんな気候の中で離発着など出来ないのは当然で、安全を考えたら仕方ない状態だったと思える大雨だったのである。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

杭州蕭山国際空港から舟山・千島湖への直通バスが開通:中国空港関連ニュース

 杭州蕭山国際空港から浙江省内の観光地の舟山と千島湖へ直通バスが運行されることになったと捜狐網が伝えている。
 空港によれば舟山へのバスは8月2日より運行を開始しており、1日1往復運行されるとのこと。
 運行時間は杭州蕭山国際空港発が16時、舟山瀋家門客運站(バスターミナル)発が9時30分、運賃は1人115元で所要時間は4時間となっている。
 また千島湖へのバスは8月4日より運行を開始しており、1日2往復運行され、運行時間は杭州蕭山国際空港発が11時と18時、千島湖陽光客運站(バスターミナル)発が7時と14時30分、運賃は1人72元で所要時間は2時間50分となっている。
 これらの2路線では今後の乗客の動向を見て、増便も検討しているとしている。
 杭州蕭山国際空港では既に年間利用客数が2000万人の大台を突破しており、省内への直通バスも多くの大都市をカバーしていたが、今回観光地への便利な路線が開通し、今後観光客を含めた利用客の増加が期待される。

→【杭州のホテルを探す】
→【舟山のホテルを探す】

杭州蕭山国際空港TOP
杭州蕭山国際空港からリムジンバス
杭州蕭山国際空港から周辺都市へのバス

南京禄口国際空港への中華門から連絡バスが運行休止:中国空港関連ニュース

 江蘇省の南京禄口国際空港へのリムジンバスのうち、中華門長途汽車站からのルートについて8月1日から運行を休止し、南京南駅始発に改められることになったと和訊網が伝えている。
 空港側によれば8月1日以降は京滬高速鉄道の南京南駅と南京禄口国際空港の間でリムジンバスが運行されることになり、南京南駅発は6時15分~20時15分の運行となり、運行間隔はこれまで通り20分間隔となるとしている。
 なお南京駅との間で運行される1号線は変更がない模様。

中華門長途汽車站

空港へのバスが休止される中華門長途汽車站

→【南京市のホテルを探す】
→【南京禄口国際空港周辺のホテルを探す】

☆南京禄口国際空港TOP
☆南京禄口国際空港からリムジンバス

安徽省の池州九華山空港が開港:中国空港関連ニュース

 安徽省の池州九華山空港が今日7月29日に開港すると和訊網が伝えている。
 池州九華山空港は、安徽省池州市の東北部の貴池区の梅龍街道と馬衙街道の交差する箇所に作られた空港で、4C級の規格の支線用空港として設計された。
 2400mX45mの滑走路一本を持ち、駐機エプロンは5カ所、旅客ターミナルの建築面積は11600平方米でB737、A320クラスの旅客機が離発着できる規模となっていて、主に九華山風景区への観光客輸送用が目的となっており、年間50万人の利用が見込まれているとのこと。
 29日の開港時点では、北京南苑空港からの中国東方航空傘下の中国聯合航空の運営する航空便が月・水・木・日の週4便が運行されることになっているほか、8月12日からは吉祥航空の運営する上海虹橋国際空港から成都双流国際空港へ向かう便がこの池州九華山空港を経由する予定で週7便の毎日運行され、さらに9月からは上海からの広州へ向かう便が火木土の週3便経由するとのこと。
 このほか厦門航空による厦門や青島への路線も現在交渉中だとしている。
 なお開港後3ケ月以内は、池州九華山空港への便の航空運賃が大幅に割引きされるだけでなく、池州市の観光施設の多くの観光施設や4星級のホテルが半額以下の割引きとなるほか、団体客には奨励金も出されるとしている。

大陸から年間200万人が深セン空港経由で香港へ:中国空港関連ニュース

大陸の旅客が香港へ行く際に、直接香港へ行かず深セン経由で香港へ向かっているケースが非常に多いと深セン新聞網が伝えている。
統計データによると、2007年以降6年間で1200万人の旅客が深セン経由で香港へ出境しており、深セン宝安空港利用者の1割以上を占めているとのこと。
深セン経由の香港出境者が多いい理由として、関係者は航空運賃が安い事と時間の節約を上げているという。

深セン宝安空港T3完成予想図

深セン宝安空港T3完成予想図


例えば西安空港から香港市内の九龍エリアへ行く場合、直行便の飛行機の場合は費用がおおよそ1700元で所要時間は270分くらいとなるが、深セン空港経由の場合は費用は1000元前後、時間も240分と香港に直接向かうより節約できるのだという。
現在深セン空港から香港へは15分に1本のバスが運行されており、両政府のイミグレも車両を下りることなく利用でき、さらに1日600台余りの民間車両が香港と深センを行き来しているため、往来が非常に便利になっているとのこと。
深セン宝安空港では現在第3ターミナルの準備を進めており、完成すれば年間5000万人もの旅客容量を得ることからますます香港への玄関ルートとしての役割が大きくなることが期待されている。

→【深センのホテルを探す】
→【香港のホテルを探す】

1 134 135 136 137 138 143