成都双流国際空港が外国人に72時間のノービザトランジット実施:中国空港関連ニュース

四川省の成都双流国際空港が第三国へ朱国するチケットを持つ外国人に対して、72時間以内のノービザトランジットを許可することになったと中国新聞網が伝えている。
成都市外国人弁公室によると、成都双流国際空港において対象45か国の外国人に対しての72時間以内のノービザ滞在を許可する事を中国国務院が先日批准し、該当国のパスポートと第三国への航空機チケットを所有していれば成都双流空港でのトランジットの際に、成都市内に72時間以内の滞在が許可されることになったとしている。
 このノービザトランジットは北京、上海、広州に次ぐ4番目の適用となり、西部地区の都市では初めての実施となる。
 成都市では観光客やビジネス見本市などの訪問客をより多く引き入れたいとこの制度実施に期待を寄せているとのこと。
なお対象となる45か国は次の通り。
オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、ロシア、イギリス、アイルランド、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、アメリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、アリ前チン、地理、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、日本、シンガポール、ブルネイ、アルゼンチン、カタール。

なお日本人は従来から中国国内での観光目的などの15日以内のノービザ滞在が認められている。

→【成都双流国際空港周辺のホテルを探す】
→【成都のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

合肥新橋国際空港その7「乗客が降りられない?」

到着したはずの機体をよく見ると、ボーディングブリッジが接続できず、機体に対して少しばかり高い位置で止まっている。
ボーディングブリッジを支える支柱の足元に空港作業員が集まって、何やら相談しているようだった。
どうやらボーディングブリッジの油圧ジャッキに不具合が出て、ちょうど良い高さにブリッジを下げられない事態が発生したらしい。

空港の作業員たちが集まって操作盤を覗きこむ

空港の作業員たちが集まって操作盤を覗きこむ

係員が一生賢明に操作を行なっているが、機械はうんともすんとも言わず一向に動く気配がなかった。
開港初日のトラブルと言えばお約束的なほどに良く起こることだが、それにしても開港初日なのだからそれなりに動作チェックはしているはずであり、この状況はちょっとお粗末な結果である。
 このまままだと、今到着した乗客は空港ターミナルを目の前にして降りることが出来ないのである。
 取りあえず乗客は降りられなかったが、荷物を倉庫室から降ろしたり、コックピットの窓を開けチェック資料などのやりとりなど、この状態でも出来る作業を係員たちはまず行なっていた。

航空機はコックピット窓が開く!

航空機はコックピット窓が開く!

ジェット機のコックピットの窓が開くのはこの時初めて知ったし、当然実際に顔を出している姿を目の当たりにしたのも初めてだったのでこれはこれで、ちょっと新鮮な衝撃である。

そこへ背中に階段を背負ったタラップ車がやってきた。
旧駱崗空港で使われていた物そのままらしく、階段脇に「合肥駱崗空港」と書かれたままになっている。

まだ旧駱崗空港の名前がそのまま

まだ旧駱崗空港の名前がそのまま

 ボーディングブリッジが動かないので、タラップで乗客を降ろそうという発想のようだが問題はその設置位置である。
 通常はタラップの場合であっても、ボーディングブリッジと同様に航空機の左前部から乗り降りするのが常であるのだが、今回はそこが塞がっているという事態になっており使えない。
 そこで別のドアを探すということになるのだが、左前部のドア以外からの乗降となるとこれは航空機運用の中でもかなりレアケースな対応だろう。
 まずタラップ車は、航空機の後部左側の位置に移動したが、さらにやはり後部右側に移動して待機態勢をとったのである。
 右側後部なんて、めちゃくちゃ珍しいだろうし、少なくとも私は過去に見たことが無い。

前代未聞の右側後部からの降機か?

前代未聞の右側後部からの降機か?

が、やはり左側に戻り、左側の後部ドアにタラップ車がセットされ、後部ドアが開いたのある。
ここから乗客が下りるのかなとずっと様子を見守っていたが、一部の乗務員が下りてきただけで、乗客が下りる気配はないようだった。

ドアは開いたが乗客は降りてこない

ドアは開いたが乗客は降りてこない

どうしたのかなと思っていると、空港内アナウンスが入り、
「山東航空の青島行の便は搭乗口をA6に変更します」と放送だった。

 結局、ボーディングブリッジもタラップも諦めて搭乗口を変更するという対応になったようだった。
 確かにタラップを使うとなるとしても、次の搭乗客(私)の搭乗口を変更することは一緒で、バスの手配などをいろいろ考えると結構面倒臭く、ならばやはり航空機ごと動かしてしまうのが一番簡単だったということらしい。

そこでプッシュバックを行なうトーイングカー(航空機牽引車)の登場である。

プッシュバックの準備中

プッシュバックの準備中

航空機が自力で旋回して移動するのはスペースの都合上からほぼ不可能なので、トーイングカーでバックさせてやり、さらに新しいボーディングブリッジまで連れて行くのである。
 これによりようやく乗っていた乗客は降りることが出来るし、私の搭乗も間近になったようである。

トーイングカーで後ずさり中の機体

トーイングカーで後ずさり中の機体

ゲートをお引越し中♪

ゲートをお引越し中♪

 時刻は既に14時となり、この時点で定刻の40分遅れである。
中国の航空機利用はこのくらいの遅れは日常茶飯事であり、いらいらしててもしょうがない。
さて青島(チンタオ)へ向かって出発である。

(青島流亭空港編へ続く)
→【合肥のホテルを探す】

☆合肥新橋国際空港トップ
☆合肥新橋国際空港からリムジンバス
☆合肥新橋国際空港からタクシー

四川省成都の新空港は2015年着工:中国空港関連ニュース

四川省成都市で新空港が計画され、2015年にも着工される見込みだと大成網が伝えている。
成都市の関係者によると成都市は2012年のGDPが8183.9億元となり全国15の副省級都市のなかでは、広州、深センについで第3位となり、国内で最も投資リスクの少ない都市として海外から注目されている。
世界の最強企業500のうち26社が昨年新たに成都市への投資へ行なった状態にあることから、成都空港では6月にパリ、9月にロンドンやバンクーバーへの直行便を計画するなど今年中に欧米や中東・豪州への5路線を就航させる予定とのこと。
さらに天府新区に計画中の新空港についても2015年に着工するスケジュールで動いており、成都市の経済的魅力をさらに高めたいとしている。

→【成都のホテルを探す】

北京市内のタクシー値上げ、北京首都国際空港から市内まで約10元増:中国空港関連ニュース

北京市内のタクシー料金が値上げされたと人民網が伝えている。
北京市発展改革委員会によれば、6月10日から北京市内のタクシー運賃体系を見直し、初乗り3㎞までは13元(従来10元)、3㎞以降は1㎞ごとに2.3元(2.0元)に値上げしたとのこと。
また従来から乗車1回ごとに加算(3㎞以下は除く)されていた燃油費の3元は1元に値下げされるため、今後の実質の初乗り料金は14元となるとしている。
但し今月30日までは移行期間とされ、新旧の料金体系のタクシーが混在することになり利用者にとっては運次第で値段が違う状況が生まれるとしている。
この値上げにより例えば北京首都国際空港から天安門広場までの料金は約10元ほど増加する見込みになっている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

合肥新橋国際空港その6「ブリッジでトラブル」

荷物検査場の入り口の上部には安徽省の観光名所の黄山の絵が飾られていた。
黄山というだけあって、絵も黄色っぽい色彩になっていたが、実際には朝日の時に太陽の光に輝いて黄色くなるだけで普段から黄色というわけではないようだ。

さてさて出発のコンコースに出ると、流石に昨夜と違って昼間と言う事もあって外光が差し込み空間が明るく、白を基調にした内部が美しく見える。

外光が入りとても明るい

外光が入りとても明るい

上空から見るとグライダーように翼を広げる形をしたターミナルは広々として気持ちいい空間であるが、広いということはやはりそれだけ距離を歩かなくてはならなく、今回搭乗する飛行機はA1搭乗口が指定され一番端っこであった。
前日の到着便でも体験したように動く歩道は一カ所しかなく、端まで行くにはやはり結構長い距離歩かされたのである。
が、A1搭乗口に到達してみると、どうもゲートに標示されている便名が違うことに気づき、ゲート変更かと思い出発案内表示板を探してみたが何とそれも見つからなかった。
ゲートごとの出発便の表示板はあるのに、空港全体の情報ボードが無いのである。
何と不親切な情報システムだろうか?

翼を広げたようにターミナルが広がる

翼を広げたようにターミナルが広がる

荷物検査場を出た中央に戻らなければならないかと思ったが、どうせ端から戻るのでゲートを一つ一つチェックしていくとA4ゲートに変更されていることが判明した。
「良かった。」
搭乗口に到着してみると搭乗する航空機はまだ到着しておらず、どうやら遅れているようである。
まあ、こんな遅れは中国では日常茶飯事なので一々苛立つことも無いのだが、このゲート探しで焦った汗も無駄だったわけあり、折角タクシーを飛ばしてきたのにバスでも間に合ったかもしれないと思うとタクシー代がちょっと勿体なかっったなというケチな料簡が頭をもたげた。(笑)
搭乗する予定の山東航空の機体は本来なら定刻の出発時間であった時間になってようやく到着した。

出発時刻になって遅れて到着

出発時刻になって遅れて到着

「ここから30分待ちくらいか?」
この時はそんな計算をしていた。
ところがここで思わぬトラブルが発生する。
なんとボーディングブリッジが機体にうまく接続できないトラブルが発生したのである。

うまく接続できない?!

うまく接続できない?!

(つづく)
→【合肥のホテルを探す】

合肥新橋国際空港トップ
合肥新橋国際空港からリムジンバス
合肥新橋国際空港からタクシー

煙台莱山国際空港に新たにリムジンバス2路線:中国空港関連ニュース

山東省の煙台莱山国際空港において、新たに2路線のリムジンバスルートが開通したと鳳凰網が伝えている。
煙台物価局によれば、煙台交運集団有限責任公司が新たに空港と市内を結ぶ2本のリムジンバス路線を開通したとしている。
このうち機場巴士2号線は煙台莱山国際空港と開発区静海大酒店間の32キロを大型豪華バスで運行し、運賃は15元となるとのこと。
途中、北方家紡のバス停にも停車し、ここから空港までの運賃は10元としている。
また機場巴士3号線は煙台莱山国際空港と莱山区(市財会培訓中心)間の26キロをやはり大型豪華バスで運行し、運賃は15元。
途中、煙台大学西門バス停にも停車し、ここから空港までの運賃は10元としている。

→【煙台のホテルを探す】

合肥新橋国際空港その5「タクシーも知らない新空港」

新空港到着の余韻をいつまでも味わっていたかったが、既に時刻は午前1時近くとなっており、空腹と眠たさの足音が聞こえ始めたので、早々に切り上げて市内に向かった。

まあ開港初日のリムジンバスであり、ろくろく資料の無い中で何とかリムジンバスのコースを記したニュース記事を見つけたものの、全く土地勘のない未踏の地であり、実際市内のどの場所に停車するかは分からないまま少々ギャンブル気味に事前にホテルを予約してきたが、長年の旅行勘というものは我ながら凄いもので、なんと予約したホテルの200m程先にバスは止まってくれた。

これで見知らぬ土地を雨の中彷徨わずに済み、すぐに暖かいシャワーで汗を流すことが出来た。
そして念のためと上海から持って来たカップ麺が役に立ち、空腹に悩まされることなく床に就いたのである。

さて、次の日は実は合肥から空路で青島に行くことになっていた。
午後の便を予約してあり、午前中はホテルでネットをつないで何やかんやと仕事に関することを処理していたら結構出発がギリギリになってしまい、一旦はリムジンバスの起点に行ってチケットを買ったものの、どうにも出発時間に間に合わない時間になりそうだったので、結局タクシーで空港に向かうことにした。

合肥新橋国際空港へのバスはここから出る

合肥新橋国際空港へのバスはここから出る

しかし開港したての空港のため、捉まえた最初のタクシーが空港の場所を知らないという事態が発覚し、慌てて空港の場所がわかるタクシーを探して何台ものタクシー捉まえて尋ねてみるという事態に陥った。
そしてようやく行ってやると言ってくれたタクシーが現われ何とか空港に向かうことが出来たのであるが、その運転士もやはり空港に行くのは初めてのことだったようだ。

まあさすがに空港への道順は標識が整備されていたのでそれに従えばよく、途中は綺麗に整備された道ばかりで迷うことはなく車も少なくスムーズだったが、運転手も初めてだという空港に着くまで、いったい幾らかかって、どのくらいの時間がかかるか皆目見当もつかぬまま空港へ向かった。

開港したての空港の場所を知らなかった。

タクシーは開港したての空港の場所を知らなかった。

結局40分ほどで空港に到着し、高速料金と合せて100元の出費となり前日の無料で得した分が飛んでしまった形となったが、出発まで50分ほどあり、まあ何とか間にあった。

運転手も遠かったなぁ、という感想を言っており、空で帰るのはもったいないので、到着客を拾いに行くよと言い残しつつ走り去って行った。

燕の翼のような曲線の外観

燕の翼のような曲線の外観

そして本来なら昼間の空港の写真をもう少し撮影するつもりだったが、今回その時間は無くなり、午前中に行われたらしい開港式典のステージを横目に見つつ、そそくさとチェックインし荷物検査場へ向かうことになったのである。

大きく開港を祝う文字が書かれている。

大きく開港を祝う文字が書かれている。

(つづく)
→【合肥のホテルを探す】

合肥新橋国際空港トップ
合肥新橋国際空港からリムジンバス
合肥新橋国際空港からタクシー

大連の新空港は2018年完成、ダブルハブ体制へ:中国空港関連ニュース

遼寧省大連市で準備が進められている新空港「大連金州湾空港」は2018年に完成の見通しとなっていると中国光明網が伝えている。
大連の空港管理組織の関係者によれば、大連では今後5年間の目標として2018年までに年間旅客取扱い2500万人、貨物22.9万トン、航空離発着回数17.7万回を目指していて、2018年までに海上の人口島の大連金州湾空港を完成させる予定とのこと。
さらに遼寧半島東部にある大連長海空港を同時に拡張し、この二つのダブルハブ空港体制で、中国東北部さらには東北アジアの空港のけん引役となり、全国の一流空港の仲間入りを果たしたいとしている。
大連金州湾国際空港は大連市北側の金州湾上に20.87平方キロメートルの人口島を設置して建設が進んでおり、完成すれば縦6.54キロ幅3.5キロの島の上に滑走路4本が設置され年間7000万人の旅客容量を持つ世界最大の海上空港となる見込み。
第一期工事では3600mの滑走路2本が設置される予定で、年間3100万人の旅客容量が確保され、地下鉄5号線と空港専用鉄道が乗り入れる予定になっているとのこと。

→【大連のホテルを探す】

1 131 132 133 134 135