貴州省の畢節飛雄空港が開港:中国空港関連ニュース

16日、貴州省の畢節飛雄空港が正式に開港したと中国網が伝えている。

畢節飛雄空港は貴州省の畢節士双山新区水郷飛雄村に位置する空港で、畢節市の中心部から直線で18キロ離れた場所に2011年から2年余りの歳月と10.5億元の費用をかけて建設されてきた。
同空港は民間の支線路線用として4C規格で設計され、2600mX45mの滑走路1本と4機分の駐機エプロン、7100㎡の旅客ターミナルが設置され年間の50万人の旅客容量があるとのこと。
開港初日となった16日には中国聯合航空の運営する北京南苑空港からのKN2733便が12時55分に到着し、新空港の記念すべき幕開けとなったとしている。
畢節畢節飛雄空港では今後7月16日までに上海や昆明、広州、貴陽への路線の開通が予定されおり、吉祥航空や南方航空、天津航空などによって運行されるとしていて、2020年までに年間30万人の利用客と2980回の航空機離発着を目標としている。

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海虹橋国際空港と上海虹橋駅を結ぶ電動カート

先日、上海虹橋交通ターミナルへ食事に行ったら(笑)、T2の内部に電動カートが走っているのを発見した。

(家の近所よりはレストランが充実しているため時々行くのである。)

外見は結構小さい

外見は結構小さい

ゴルフカートを大きくしたような、郊外公園などで見かける6人程度が乗れるオープンタイプのカートで、なんと鉄道の上海虹橋駅と上海虹橋空港の間を結んでいるのだという。
具体的には地下鉄の虹橋第2ターミナル付近からバスターミナルの有る西交通中心までをぐるっと回ってくるコースになっており、一周すると20分の距離で料金は一回1人10元で、70歳以上の老人と障害者、妊婦は無料とのこと。
運行時間はあさ9時から夜9時までとなっている。

ぐるっと南北の通路を一周してくる形になっている。

ぐるっと南北の通路を一周してくる形になっている。

以前から私はこの虹橋ターミナルは空港と鉄道駅の距離が遠く、移動に不便で同居のメリットがないなぁと感じていたのであるが、さすが施設の管理側も要望があったのか、その辺に気づいたようで今回の電動カーバスの運行開始になったらしい。

1人10元で9時~21時と書いてある。

1人10元で9時~21時と書いてある。

しかし1回10元とはちょっと高い気がする。

この区間、例えば地下鉄で移動すれば3元で済むし、端から端まで歩いても1000m程度の距離なので15分くらいで移動できる。
そういう比較をすれば10元と言う料金はちょっと高すぎるし、費用感覚が街中の三輪タクシーなどとあまり違わない気がする。
まあ荷物が多い時や疲れている時などは重宝する可能性もあり、VIP用サービスと思えばありなのかもしれないが、今のところ利用者は多くない様子だった。
地下鉄料金と比較して、これが5元だったらもう少し利用客が増えそうな気がするのが、まあどんなサービスであれ利用客の不便さを感じ取って、いろいろ創意工夫をしようとする姿勢はアリかなと感じる。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

河北省張家口寧遠空港が6月16日に開港:中国空港関連ニュース

 河北省張家口市の張家口寧遠空港が6月16日に正式開港すると河北新聞網が伝えている。
 張家口寧遠空港は張家口市の南東9キロの場所に、2500mの滑走路を持つ4C規格の軍民共用空港として主に省内航路の離発着を目的として建設された。
 旅客ターミナルの敷地面積は5400㎡、3機分の1.8万平方メートルの駐機エプロンを持ち、年間20万人の旅客と900トンの貨物取扱が可能となっている。
 開港当初は石家庄空港との間に週4便のフライトが予定されており、毎週月・水・金・日に一便ずつ河北航空により運行され、具体的なダイヤはNS3289便が石家庄発08:25で張家口着09:20、NS3290便が張家口発10:10で石家庄着11:00が予定され、使用する機体はB738或いは73GかE90が予定されているとのこと。
 また今後、上海、広州、西安、成都、海口などへの路線開通が予定され、さらに五台山、ウルムチ、ハルビン、瀋陽、武漢、昆明、深センへの7路線の就航も計画されているとしている。

→【張家口市内のホテルを探す】

湖北省神農架空港が10月に開港へ、海抜2580mの高地:中国空港関連ニュース

 湖北省西部の山岳地域に建設されていた神農架空港が今年10月にも開港する見通しとなったと中国青年網が伝えている。
 神農架空港は湖北省神農架件紅坪鎮の海抜2580メートルに建設されている高地空港で、冬の間は150日間も氷に閉ざされる厳しい条件下の中、数百名の作業員によって2年をかけて山を削り空港の整地を行なってきたとのこと。
 滑走路2800mの4C規格の支線用空港として整備が進められており、B737-800やA320クラスの中大型機も離発着が可能だとしている。
 開港後は湖北省の省都武漢市と50分ほどで結ばれるなど、年間2917回の離発着により25万人の旅客と1130トンの貨物利用を目指しているとのこと。 
 神農架地区は周囲が野生動物の保護区に指定されるなど、森林自然が豊かな地域となっていて地元では観光客の誘致や緊急時の地元の貴重な足として今回の開港に期待が寄せられている。

朝の上海虹橋国際空港は春秋航空機の出発ラッシュ

朝、部屋のベランダで洗濯物を干したりなどしていると上海虹橋国際空港から次々と春秋航空の機体が離陸して行く姿を見ることが出来る。

この日は雲って見えにくかったが、、、

この日は雲って見えにくかったが、、、

しかも春秋航空は保有機体が全てA320-200なので、同じ形の同じ塗装の航空機が次々に飛び立つ光景は圧巻でもある。
果たして朝の時間帯に何機の春秋航空機が虹橋空港から飛び立って行くのだろうかと思い、気になって春秋航空のサイトの運行状況から出発便の数を探ってみた。
すると出てきた結果が下記である。
06:55 三亜(海南省)行き
07:00 厦門(福建省)行き
07:05 長沙(湖南省)行き
07:10 掲陽(広東省)行き
07:15 重慶行き、広州(広東省)行き、珠海(広東省)行き、
07:20 深セン(広東省)行き、西安(陝西省)行き、
07:25 昆明(雲南省)行き、石家庄(湖北省)行き
07:35 晋江(福建省)行き
07:45 蘭州(甘粛省)行き

上海虹橋国際空港から飛び立とうとしている

虹橋空港から飛び立とうとしている

実に13機が連続して離陸していく。

何故、こんなに連続して出発していくのかを色々考えてみたが、この早朝の時間帯は到着便が無いからではないかと考えてみた。

つまり、到着便の無い時間帯と言うことは上海虹橋国際空港の2本ある滑走路を両方とも離陸用として使えるため、虹橋空港のT1に国内便として唯一本拠を置く春秋航空としては東側の第一滑走路をほぼ独占的に使える時間帯だからなのではないかと言う気がする。
 これが8時以降になるとT1からもソウルや台北などへの便が動き出し、他社との兼ね合いもあって、出発が管制の許可待ちになることだって発生するが、7時台は他社便が無いので、自社便の都合だけで運行できスムーズに離陸できる。

 9時台に入れば到着便なども発生するから離陸に使える滑走路は原則1本だけとなるため、さらに制約を受けて遅れが発生しやすい状況となる。
 1つの機体を1日中なるべく長い時間使いまわすLCC(格安航空会社)にとっては朝からもし遅れることになるとその日の全ての便に響いてしまうので、朝のスムーズな滑り出しが何より大事なはずであり、そのためのこの早朝の滑走路独占なのではないかと考えられる。
 またツアー客輸送が主力の春秋航空では、市内各所からツアーバスが運行されると聞き、出発便を同一時間帯に集中させることにより、効率的な輸送が可能になるのだというような理由もありそうな気がする。

 チェックインカウンターなども、他社便がない時間帯なら利用客は分かりやすくスムーズに捌けるであろう。

 こんなような理由からおよそこの朝の離陸ラッシュとなっているのだと思われるが、まあ13機もの同じ機体が毎朝飛んでゆく姿はやはり何度見てもちょっと不思議な光景である。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ

成都双流国際空港が外国人に72時間のノービザトランジット実施:中国空港関連ニュース

四川省の成都双流国際空港が第三国へ朱国するチケットを持つ外国人に対して、72時間以内のノービザトランジットを許可することになったと中国新聞網が伝えている。
成都市外国人弁公室によると、成都双流国際空港において対象45か国の外国人に対しての72時間以内のノービザ滞在を許可する事を中国国務院が先日批准し、該当国のパスポートと第三国への航空機チケットを所有していれば成都双流空港でのトランジットの際に、成都市内に72時間以内の滞在が許可されることになったとしている。
 このノービザトランジットは北京、上海、広州に次ぐ4番目の適用となり、西部地区の都市では初めての実施となる。
 成都市では観光客やビジネス見本市などの訪問客をより多く引き入れたいとこの制度実施に期待を寄せているとのこと。
なお対象となる45か国は次の通り。
オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、ロシア、イギリス、アイルランド、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、アメリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、アリ前チン、地理、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、日本、シンガポール、ブルネイ、アルゼンチン、カタール。

なお日本人は従来から中国国内での観光目的などの15日以内のノービザ滞在が認められている。

→【成都双流国際空港周辺のホテルを探す】
→【成都のホテルを探す】

合肥新橋国際空港その7「乗客が降りられない?」

到着したはずの機体をよく見ると、ボーディングブリッジが接続できず、機体に対して少しばかり高い位置で止まっている。
ボーディングブリッジを支える支柱の足元に空港作業員が集まって、何やら相談しているようだった。
どうやらボーディングブリッジの油圧ジャッキに不具合が出て、ちょうど良い高さにブリッジを下げられない事態が発生したらしい。

空港の作業員たちが集まって操作盤を覗きこむ

空港の作業員たちが集まって操作盤を覗きこむ

係員が一生賢明に操作を行なっているが、機械はうんともすんとも言わず一向に動く気配がなかった。
開港初日のトラブルと言えばお約束的なほどに良く起こることだが、それにしても開港初日なのだからそれなりに動作チェックはしているはずであり、この状況はちょっとお粗末な結果である。
 このまままだと、今到着した乗客は空港ターミナルを目の前にして降りることが出来ないのである。
 取りあえず乗客は降りられなかったが、荷物を倉庫室から降ろしたり、コックピットの窓を開けチェック資料などのやりとりなど、この状態でも出来る作業を係員たちはまず行なっていた。

航空機はコックピット窓が開く!

航空機はコックピット窓が開く!

ジェット機のコックピットの窓が開くのはこの時初めて知ったし、当然実際に顔を出している姿を目の当たりにしたのも初めてだったのでこれはこれで、ちょっと新鮮な衝撃である。

そこへ背中に階段を背負ったタラップ車がやってきた。
旧駱崗空港で使われていた物そのままらしく、階段脇に「合肥駱崗空港」と書かれたままになっている。

まだ旧駱崗空港の名前がそのまま

まだ旧駱崗空港の名前がそのまま

 ボーディングブリッジが動かないので、タラップで乗客を降ろそうという発想のようだが問題はその設置位置である。
 通常はタラップの場合であっても、ボーディングブリッジと同様に航空機の左前部から乗り降りするのが常であるのだが、今回はそこが塞がっているという事態になっており使えない。
 そこで別のドアを探すということになるのだが、左前部のドア以外からの乗降となるとこれは航空機運用の中でもかなりレアケースな対応だろう。
 まずタラップ車は、航空機の後部左側の位置に移動したが、さらにやはり後部右側に移動して待機態勢をとったのである。
 右側後部なんて、めちゃくちゃ珍しいだろうし、少なくとも私は過去に見たことが無い。

前代未聞の右側後部からの降機か?

前代未聞の右側後部からの降機か?

が、やはり左側に戻り、左側の後部ドアにタラップ車がセットされ、後部ドアが開いたのある。
ここから乗客が下りるのかなとずっと様子を見守っていたが、一部の乗務員が下りてきただけで、乗客が下りる気配はないようだった。

ドアは開いたが乗客は降りてこない

ドアは開いたが乗客は降りてこない

どうしたのかなと思っていると、空港内アナウンスが入り、
「山東航空の青島行の便は搭乗口をA6に変更します」と放送だった。

 結局、ボーディングブリッジもタラップも諦めて搭乗口を変更するという対応になったようだった。
 確かにタラップを使うとなるとしても、次の搭乗客(私)の搭乗口を変更することは一緒で、バスの手配などをいろいろ考えると結構面倒臭く、ならばやはり航空機ごと動かしてしまうのが一番簡単だったということらしい。

そこでプッシュバックを行なうトーイングカー(航空機牽引車)の登場である。

プッシュバックの準備中

プッシュバックの準備中

航空機が自力で旋回して移動するのはスペースの都合上からほぼ不可能なので、トーイングカーでバックさせてやり、さらに新しいボーディングブリッジまで連れて行くのである。
 これによりようやく乗っていた乗客は降りることが出来るし、私の搭乗も間近になったようである。

トーイングカーで後ずさり中の機体

トーイングカーで後ずさり中の機体

ゲートをお引越し中♪

ゲートをお引越し中♪

 時刻は既に14時となり、この時点で定刻の40分遅れである。
中国の航空機利用はこのくらいの遅れは日常茶飯事であり、いらいらしててもしょうがない。
さて青島(チンタオ)へ向かって出発である。

(青島流亭空港編へ続く)
→【合肥のホテルを探す】

☆合肥新橋国際空港トップ
☆合肥新橋国際空港からリムジンバス
☆合肥新橋国際空港からタクシー

四川省成都の新空港は2015年着工:中国空港関連ニュース

四川省成都市で新空港が計画され、2015年にも着工される見込みだと大成網が伝えている。
成都市の関係者によると成都市は2012年のGDPが8183.9億元となり全国15の副省級都市のなかでは、広州、深センについで第3位となり、国内で最も投資リスクの少ない都市として海外から注目されている。
世界の最強企業500のうち26社が昨年新たに成都市への投資へ行なった状態にあることから、成都空港では6月にパリ、9月にロンドンやバンクーバーへの直行便を計画するなど今年中に欧米や中東・豪州への5路線を就航させる予定とのこと。
さらに天府新区に計画中の新空港についても2015年に着工するスケジュールで動いており、成都市の経済的魅力をさらに高めたいとしている。

→【成都のホテルを探す】

1 128 129 130 131 132 133