上海浦東国際空港で食べる朝食

先日、日本へ一時帰国する際に早朝便であったので、空港内のレストランで食事をした。
早朝だったので、当初はコンビニでサンドイッチか何かを想定していたのだが、上海浦東国際空港のT2から中央通路付近にあるコンビニに行く途中で現地のエコノミーレストランで朝食メニューが出ていたので、少々外気温が寒く温まりたかったこともあり、利用することにした。
利用したのは真功夫というお店で、蒸すことで油をあまり使わないことを追求したお店である。
真功夫の痩肉粉と粽のセット

痩肉粉と栗粽のセットで13元である。
痩肉は脂身のない肉で、さっぱりとした塩味のスープに米の面が入っている。
量はそれほどないが、寝起きの冷えた体の体温を上げるにはちょうどいいスープとなっている。
これとは別に、ミャオ族風味の酸っぱ辛いスープの面もあったが、今回胃が疲れていた今回は遠慮したが、なかなかおいしそうで値段はやはり13~14元程度である。
上海浦東空港は中に入ってしまうとどこも食事が高いイメージがあるが、この価格なら気軽に食べられ、貧乏旅行社にも大変ありがたいという気がする。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海浦東国際空港から深夜にバスで上海市内の上海虹橋国際空港へ移動してみた その2

その1はこちら

守航線の上海浦東国際空港から市内への道のりは高速道路を走らず一般道を走ったのだが、真夜中のため混雑もなく至ってスイスイと進む。
ただ、今回は一部工事中の箇所を進んだため、結構揺れた。
上海ディズニーランド近くの関連道路だの地下鉄などが建設されているエリアは、非常に道が悪い状態になっているようだ。

そしてこの守航線バスの空港出発後の最初の停留所は「龍陽路」であり、地下鉄とリニアの駅の前である。
今回ここに到着した時刻が1時52分で空港からおよそ30分くらいで到着する。
当然リニアも地下鉄も動いていない時間帯だが、停留所にはこのバスからの客待ちのタクシーが並んでおり、バスの降車口で客引きを行なおうと懸命に運転手が勧誘する。
 上海では最近は悪質なタクシーは減ったが、そうは行っても深夜だけにやや心配な面もあり、出来れば外国人は流しのタクシーを拾ったほうが安全と思われる。

上海浦東国際空港の守航線の降車客を待つタクシー

そしてバスは龍陽路を出発したあと、市内の目抜き通りの一つ世紀大道に入り、市の中心部に向かってひた走ることになる。
2時ちょうど(空港から50分)に東方路のバス停に到着したが、ここには降車する利用客は少なかった。
次の東方医院のバス停は降車客がいなかったために、2時5分頃に通過(空港から55分)しただけで、バスはそのまま黄浦江のトンネルへと向かう。

ルートの左手には金茂大厦や上海環球金融中心、さらには前方には上海のシンボルとも言える東方明珠塔などが暗闇の中に僅かに見えるが、深夜ということもあってライトアップもなく、その姿をはっきり確認するのは難しく、深夜の移動で浦東地区の摩天楼の観光気分を味わうというのは少々難しいという気がする。

バスはそのまま黄浦江のトンネルを抜けて浦西と言われる上海の中心部に入り、人民広場に到着する。
人民広場の降車場所は西蔵路の手前の延安東路上の雲南路と交差点付近であり、今回は2時10分に到着(空港から60分)した。
ここにもタクシーが沢山待ち構えていて、上海駅などどこへ移動するのにも不便はない。
ただ、ここまで来ると上海市内を走る深夜バスにも乗り継げるので、ここまで安く乗ってきたのだから、行先によってはここから敢えて高いタクシーに乗る必要もない。

人民広場バス停前には降車客狙いのタクシーが沢山いる。

人民広場バス停前には降車客狙いのタクシーが沢山いる。

その後、バスはそのまま延安路を進み、石門一路に到着したのが2時16分(空港から66分)だったが、ここで降りた客は1組しかなかった。
上海のバスの場合は日本と違って降車客がいないとどんどん通過して行ってしまうので、中国語が得意ではなく地理も詳しくない人は予め運転士に降車予定停留所を伝えておいたほうが安全である。
そして静安寺近くの華山路についたのが2時21時分(空港から71分)であり、延安中路上の華山路との交差点手前の静安公園の前に到着する。
静安寺の繁華街もこの時間になるとかなり静かである。

バスは華山路の次は虹許路まで停車しないため、中山公園方面や徐家匯方面へ行く場合はここで降りるのがベストとなる。
虹橋開発区を右に見ながらバスはそのまままっすぐ進み、次の虹許路バス停に2時30分(空港から80分)頃に到着した。
虹許路のバス停には延安西路上の虹許路との交差点を超えた辺りにあり、ほとんどの乗客はここで降りることになると思われ、虹橋空港のT1まで行く客は上海虹橋国際空港への乗継ぎ目的などのごくわずかの乗客で、実際この日にも虹許路で降りなかった乗客は僅かだった。

そして最終目的地の上海虹橋国際空港T1への到着は午前2時38分(空港から88分)だった。
虹橋空港は夜中ではあるが、一応照明が煌々とついていた。

深夜の上海虹橋空港国際第一旅客ターミナル

ただ、上海虹橋国際空港のターミナルは一応解放されてはいるものの、夜中の滞留は歓迎されていないようで、内部のベンチに座っている人はいなかった。

夜中の上海虹橋国際空港T1内部。

夜中の上海虹橋国際空港T1内部は誰もいなく静かである。

上海虹橋国際空港T1の出発便に乗り継ぐには、ここで時間をつぶす必要があるのだが、実はターミナル内を通って1階に下りて外に出るとそこには24時間営業のマクドナルドがある。
この空港で、この時間帯に営業しているのは唯一このマクドナルドだけであるため、出発便待ちの人に有り難い店舗となっており、今回もここで時間を過ごしている人が何人もいた。

上海虹橋国際空港1階のマクドナルドは24時間営業

上海虹橋国際空港1階のマクドナルドは24時間営業

ただT1の出発便に乗る場合はここで待てばいいが、T2の早朝便に乗り継ぐ場合は早めに移動しておく必要がある。
日中ならばターミナル間の無料シャトルバスに乗って移動することも可能だが、6時台7時台といった早朝便に乗りたい場合はシャトルバスが動き出すのが6時の為、やや時間がタイトとなる。

その場合はタクシーで移動することになり、そういった利用客目当てか、T1の1階の到着ロビー外ではタクシーも何台か客待ちをしてる姿があった。
今回T1からT2へのタクシーは利用しなかったが、調べてみたところ6キロほどの距離で5時までの深夜料金時間帯だと30元弱、5時以降なら日中料金のため22元ほどで利用できるようであり、5時を待って移動しても十分間にあう。
 もちろん、早めに移動してT2で時間を待つというのも可能だが、T2自体は開いているはずだが、飲食店などの店舗が深夜は閉まっているため、上記のマクドナルドなどで時間を潰して5時を過ぎてから移動した方が賢明だという気がする。
 とにかく、この「守航線」という深夜バスの存在は、地元住民にとっても乗り継ぎ客にとっても、時間とお金を有効に使うための有り難い存在であることは間違いないようだ。

※2015年04月23日上海浦東国際空港からの深夜バス、終点を上海虹橋国際空港T2へ変更

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海浦東国際空港から深夜にバスで上海市内の上海虹橋国際空港へ移動してみた その1

上海浦東国際空港には市内までのリムジンバスの系統が8系統程あるが、何れも23時まででその後は運行を終了してしまう。

では、23時からあとはタクシーしか手段が無いかと言えばそうではない。

実は上海浦東国際空港には23時以降も最終便の到着後まで、上海市内の上海虹橋国際空港まで運行される「守航線(shou3hang2xian)」という最終便バスが存在する。

 路線は一系統だけだが、市内の中心部を通って上海虹橋空港のT1まで運んでくれるため、上海在住者が上海浦東空港に深夜便で到着した場合や、上海浦東国際空港に深夜に到着して上海虹橋国際空港からの早朝便などに深夜の移動で乗り継ぐ場合などに非常に便利なバス路線となっている。

今回物好きにも、そんなバスに体験乗車してきた。

さて上海浦東国際空港の公式サイトにはこの「守航線」の運行時間は「23時から当日最終便到着後45分後まで運行」とある。
この当日便という解釈が何時までの便を指すか微妙だが、上海浦東国際空港の航空便の運行状況をチェックすると、国内線の最終便到着の定刻は深夜2時頃までとなっていて、その後2時間ほど空いて4時以降に東南アジアからの国際線便が到着するのだが、これは恐らく早朝到着便と解釈されそうなので、およそ2時までの国内線が当日便の基準になると思われる。
 で、今回乗り遅れて戻りが朝になるのが嫌だったので、安全策をとって深夜1時頃のバスを待って乗ることにした。

昼間の機場1線と同じ1番乗り場

昼間の機場1線と同じ1番乗り場

守航線の乗り場は、T1の1階の到着ロビー中央付近から6番扉を出たところの、昼間は機場1線の出発する1番乗り場である。

ただ、日中は混乱を避けるためか案内表示の看板に幕が駆けられ見えないようになっていて、23時を過ぎて初めて表示されるようになっている。

夜にだけ登場する表示である。

夜にだけ登場する表示である。

 実はこの守航線は日中の各バス路線と違って専用車両というものはなく、日中の路線の車両を流用して運用が行われているようで、今回私が乗った車両も本来は市内の静安寺に向かう「機場2線」の車体をそのまま使用していた。
故に車体の表示は「機場2線」となっていて、車体に「守航線」の表示はどこにもない

 まあこの時間帯に既に他のバスは動いておらず、「守航線」標識の出ている場所に止まっているので、このバスがおよそ「守航線」だというのは何となく分かるのだが、やはり車体に何にも表示が無いと誰もが不安になるようで、バスのそばにいる係員に確認するケースが何度も見られた。
 ただどのバスでも元々リムジンバスなのでトランクルームも使えるようになっており、スーツケースなどはトランクに預けることができる。

 運賃は事前に払う必要はなく、とりあえず乗ってしまってからバスがT2に移動した後に車内で払うことになる。
これは昼間の他のリムジンバスと同様の扱いとなっている。

トランクルームに荷物を預ける人。奥の男性は運転手。

トランクルームに荷物を預ける人。奥の男性は運転手。

さて私の乗ったバスは1時12分くらいに満席となったが、そのあとも何人か乗ってきた。
原則として立ち席乗車は禁止のはずだが、この時間帯であることもあって、立ち席でもいいからと乗客達は次々と乗り込んできて、結局立ち席客がいる状態でバスは出発した。

直ぐに満席になった。

直ぐに満席になった。

バスはT1を出発した後に、ぐるっと空港の周回道路を回って次にT2のバス乗り場に到着する。
空港内の表示ではこの「守航線」は昼間の便と違ってT1からしか出発しないような説明だったが、実際はT2のバス乗り場にも待っている人がいたのでT2からでも乗車できるようである。
(ただ保証はないので案内通りにT1に廻ったほうが確実ではある。)

T2の乗り場で守航線を待つ人たち

T2の乗り場で守航線を待つ人たち

運賃は、ここで乗り込んできた運賃徴収係のおばちゃんに払うが現金のみの対応となっていて、上海虹橋国際空港までなら30元だが、途中で市内の各所にも立ち寄るので、例えば人民広場までなら20元となっていて行先を伝える必要がある。
運賃と引き換えに乗車票を渡されるが、これが切符とレシートを兼ねている。
さて市内へ向けていよいよ出発である。

(その2へ続く)

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海虹橋国際空港T1の飲食店

上海虹橋国際空港T1の飲食店は中身はともかくとして、数としては意外と充実しているような気がする。
まあ国際線利用客にそれほど需要があるように思えないが、春秋航空が発着するため、その登場客の需要が多いような気がするのである。
春秋航空は機内食も有料の予約選択制の為、搭乗客は機内での飲食が保障されていないというか選択する必要がなく、自分の都合に応じて好きな場所で食べればいいのであるため、春秋航空の発着する空港で飲食店の充実は必要不可欠となっている。
まあ機内食は所詮機内食であって食事としての充実感にはかけるため、機内で移動中に食べられることは時間の節約にはなっても、前後で食事がとれるなら敢えて選択する必要はないのである。

まずは、ターミナル外側にあるおなじみのマクドナルド。
世界共通のファーストフードチェーン店であり、ほぼメニューも共通しているので中国語の出来ない人でも安心して食べられる。
しかも24時間営業で、夜遅くに到着し翌朝便を待つには大変都合のいい空間であるが、その費用を見越してか費用は少々市内より高いので、「どうしてもここで食べたい」と言う事でなければ、無理に選択する必要もない。

市内より値段が高い設定になっている。

市内より値段が高い設定になっている。

次に出発階から階段で上がった位置と到着階にあるシャロン。
日本から進出した会社が運営しているレストランで、日本料理メニューと日本語メニューが充実しており、従業員も一応日本語が出来るようだ。
なので、品質的にも味的にまあ安心できるものになっているが、その分だけ価格はちょっと高く、日本価格そのままになっている。
ランチセットなら70~100元、モーニングセットでも50元以上してしまうので、日本的金銭感覚なら気にならないかもしれないが、中国の物価水準に慣れてしまうとかなり割高な印象を受けてしまうことは否めなく、出張でどうしても中華料理が食べられないのに来た人や、安心して食事をしたい人のための安心料といったところになりそうだ。

日系のお店なので安心感は高いが値段も、、、

日系のお店なので安心感は高いが値段も、、、

そして1階到着ロビーにある永和大王。
台湾資本の中華食チェーンで、主に牛そぼろご飯と台湾麺が主力メニューとなる。
こちらはぐっと単価が下がり30元前後で、気軽に利用するのにはちょうどよく、味と価格のコストパフォーマンスがよく、私も良く利用する。
5時頃から23時ころまで営業しているので、どの時間帯に来てもほぼ利用が可能だ。

牛肉麺がおすすめ

牛肉麺がおすすめ

また同様に2階の出発階にある捷恵麺坊もほぼ同様の内容のようだが、残念ながら私はここで食べたことが無いが、こちらはどちらかと言うと大陸系のメニュー構成のようである。
ここに関してはいずれ近いうちに挑戦してレポートしたいと思う。

ここは食べたことが無い

ここは食べたことが無い

そして中国的味の味方というべきお店が到着階にある小吃広場で飾り気もない店舗だが、牛肉麺やピータン粥など庶民的味が楽しめる。
ただこのお店は営業時間が短くそこがやや難点だが、市内に出ればいくらでもあるメニューであり、空港内の他の店は開いているので心配はない。

庶民的なメニューがそろっている。

庶民的なメニューがそろっている。

そしてもっと気軽にということであれば、出発ターミナルの中央にパシフィックコーヒーのお店があり、サンドイッチを食べながらコーヒーを飲んで時間をつぶすと言った芸当も可能。
但しコーヒーの料金もスターバックス並みで30元くらいからとなり、食事費用として考えると少々割高か?

空港ロビーでおシャレにコーヒーをどうぞ

空港ロビーでおシャレにコーヒーをどうぞ

どうして費用を抑えたければ、先日紹介したローソンで購入して食べるのがベストな選択となるだろう。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

朝の上海虹橋国際空港は春秋航空機の出発ラッシュ

朝、部屋のベランダで洗濯物を干したりなどしていると上海虹橋国際空港から次々と春秋航空の機体が離陸して行く姿を見ることが出来る。

この日は雲って見えにくかったが、、、

この日は雲って見えにくかったが、、、

しかも春秋航空は保有機体が全てA320-200なので、同じ形の同じ塗装の航空機が次々に飛び立つ光景は圧巻でもある。
果たして朝の時間帯に何機の春秋航空機が虹橋空港から飛び立って行くのだろうかと思い、気になって春秋航空のサイトの運行状況から出発便の数を探ってみた。
すると出てきた結果が下記である。
06:55 三亜(海南省)行き
07:00 厦門(福建省)行き
07:05 長沙(湖南省)行き
07:10 掲陽(広東省)行き
07:15 重慶行き、広州(広東省)行き、珠海(広東省)行き、
07:20 深セン(広東省)行き、西安(陝西省)行き、
07:25 昆明(雲南省)行き、石家庄(湖北省)行き
07:35 晋江(福建省)行き
07:45 蘭州(甘粛省)行き

上海虹橋国際空港から飛び立とうとしている

虹橋空港から飛び立とうとしている

実に13機が連続して離陸していく。

何故、こんなに連続して出発していくのかを色々考えてみたが、この早朝の時間帯は到着便が無いからではないかと考えてみた。

つまり、到着便の無い時間帯と言うことは上海虹橋国際空港の2本ある滑走路を両方とも離陸用として使えるため、虹橋空港のT1に国内便として唯一本拠を置く春秋航空としては東側の第一滑走路をほぼ独占的に使える時間帯だからなのではないかと言う気がする。
 これが8時以降になるとT1からもソウルや台北などへの便が動き出し、他社との兼ね合いもあって、出発が管制の許可待ちになることだって発生するが、7時台は他社便が無いので、自社便の都合だけで運行できスムーズに離陸できる。

 9時台に入れば到着便なども発生するから離陸に使える滑走路は原則1本だけとなるため、さらに制約を受けて遅れが発生しやすい状況となる。
 1つの機体を1日中なるべく長い時間使いまわすLCC(格安航空会社)にとっては朝からもし遅れることになるとその日の全ての便に響いてしまうので、朝のスムーズな滑り出しが何より大事なはずであり、そのためのこの早朝の滑走路独占なのではないかと考えられる。
 またツアー客輸送が主力の春秋航空では、市内各所からツアーバスが運行されると聞き、出発便を同一時間帯に集中させることにより、効率的な輸送が可能になるのだというような理由もありそうな気がする。

 チェックインカウンターなども、他社便がない時間帯なら利用客は分かりやすくスムーズに捌けるであろう。

 こんなような理由からおよそこの朝の離陸ラッシュとなっているのだと思われるが、まあ13機もの同じ機体が毎朝飛んでゆく姿はやはり何度見てもちょっと不思議な光景である。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ

1 4 5 6