北京大興国際空港が開港:中国空港関連ニュース

 中国史北京市南部に北京大興国際空港か正式に開港したと中国経済網が報じている。
 北京大興国際空港は、北京市の天安門からまっすぐ南へ46キロの場所に位置し、ターミナルのデザインはイギリスの建築家ザハ・ハディド氏が担当した。
 敷地面積約27.3平方キロメートル、(うち北京市が6割、河北省4割)、4本の滑走路と、143万平方米の建物で構成され、年間発着回数62万回、年間旅客キャパ7200万人の想定で設計された。
 また地上交通は、五縦二横の体制で整備され高速鉄道、都市間鉄道、地下鉄、高速道路が計画に整備されている。
 具体的には、五縦は空港シャトルとして北京市軌道交通大興機場線、都市間鉄道として京雄城際鉄路、高速道路は京開高速、京台高速、覇州高速の三本の高速道路が空港輸送を担う。
 また二横は、大興機場北線高速と、廊涿城際鉄路が担うとしている。

→【北京のホテルを探す】
→【北京大興国際空港周辺のホテルを探す】

北京大興国際空港トップ
北京大興国際空港から都市間高速鉄道
北京大興国際空港から軌道交通線
北京大興国際空港から市内へのリムジンバス
北京大興国際空港からタクシー
北京大興国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

北京大興国際空港開港時は複数のアクセス手段が9月に同時開通へ:中国空港関連ニュース

 今年2019年9月末に開港が予定される北京市の北京大興国際空港へのアクセス手段について、地下鉄線(軌道交通線)、高速鉄道、高速道路の3系統が同時開通することになると北京青年報が報じている。
 北京地下鉄によると、地下鉄新機場線の第一期分の開通予定は豊台区の草橋駅から北京大興国際空港駅までの41.4キロで、起終点併せて3駅が設置され、最高時速160キロで運行され、空港まで約20分で結ぶ。
 草橋駅では軌道交通10号線に接続するほか、将来的には2020年に開通する19号線と接続する予定になっているとのこと。
 
 また都市間高速鉄道である京雄城際鉄道の北京区間も空港の開港と同時に開通する予定で、京九線の李営駅から雄安新区雄安駅までのうち、北京大興国際空港までの36キロが開通する。
 京雄城際鉄道は北京西駅に乗り入れる予定で、北京西駅から北京大興国際空港まではおよそ25分で結ばれる。
 なお北京大興国際空港から先の56キロの区間は2020年に開通予定とのこと。

 このほか、3本の高速道路が北京大興国際空港と同時に開通し、京台高速、新機場高速、京開高速が、空港北側を東西に連絡する新機場北線高速を通じて空港に連絡するとし、自動車交通にアクセスルートが複数確保されるとしている。

→【北京のホテルを探す】
→【北京大興国際空港周辺のホテルを探す】

北京大興国際空港トップ
北京大興国際空港から都市間高速鉄道
北京大興国際空港から軌道交通線
北京大興国際空港から市内へのリムジンバス
北京大興国際空港からタクシー
北京大興国際空港から周辺都市への長距離バス

武漢天河国際空港への直通の高速道路開通:中国空港関連ニュース

 湖北省の武漢天河国際空港へ通ずる高速道路が10月20日に全線開通することになったと長江日報が伝えている。
 武漢市の関係者によると、20日に新たなに開通する「武漢天河機場高速」は武漢市漢口姑嫂インターチェンジから武漢天河国際空港の南入口まで全長16キロで、設計速度時速100キロで建設され、全部で4カ所のインターチェンジが設置されるとのこと。
 既に今年4月に一部区間が先行開通していたが、今回ようやく全線開通となり、この開通により武漢市内から武漢天河国際空港までは20~30分の短縮が可能になるとしている。
 武漢市では従来から武漢市内と武漢天河国際空港を結んでいた幹線道路の交通量が増大しつつあったことから、2010年から新たに高速道路の建設が進められていた。

→【武漢天河国際空港周辺のホテルを探す】
→【武漢のホテルを探す】