黒河璦琿空港のリムジンバスの発着点変更:中国空港関連ニュース

 黒龍江省黒河市の黒河璦琿空港と黒河市内を結ぶリムジンバスの市内側の発着点が11月1日から黒河遊客中心に変更になったと澎湃新聞が伝えている。
 黒河璦琿空港によると、黒河遊客中心は黒河火車站(鉄道駅)の向かいの通江路と鉄路街の角に設置され、待合室や充電設備、観光案内、無料荷物預かりサービスなどが提供されるとしている。
 また黒河璦琿空港の航空便に合わせて1日3~4便のバスが運行されるとしている。
具体的な発車時刻は下記の通り。
黒河遊客中心発
08:00(水・土のみ)。10;20、12:40、14:30(火木土のみ)、19:00(火水木土日のみ)
黒河璦琿空港
航空便到着時刻に合わせて運行

→【黒河市のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

北京大興国際空港が本格稼働、1日280便体制に:中国空港関連ニュース

 北京市の北京大興国際空港が航空冬ダイヤのスタートによって、本格稼働を始めたと北京青年報が伝えている。
 北京大興国際空港によると、国際的な航空ダイヤが10月27日より冬ダイヤに切り替わったのを契機に、先月9月25日に開港した北京大興国際空港に各航空会社が移転し稼働を始めたとのこと。
 北京首都国際空港で運営していた航空会社のうち、中国南方航空(CZ)、中国東方航空(MU)、中国国際航空(CA)およびポーランド航空(PO)、フィンランド航空(AY)が、今後、北京大興国際空港と併せて離発着するとしている。
 また既に就航していた中国聯合航空(NK)と、北京首都航空(JD)、河北航空(NS)、吉祥航空(HO)、英国航空(BA)、ロイヤルブルネイ航空(BI)、ヒマラヤ航空(H9)が、北京大興国際空港にのみ発着する。
 このほか、アイフライエアラインズ(I4)が今年12月18日から。マレーシア航空(MH)が2020年1月1日から、ロイヤルエアモロッコ(AT)が2020年1月17日から乗り入れることになっているとのこと。
 この秋冬ダイヤ稼働により、北京大興国際空港の就航路線は118路線、週1952便で1日当たり279便となり、このうち国内線が102都市104路線で週1794便を占める、
 北京航空管制局のまとめによると、北京大興国際空港への航空便移管により北京首都国際空港の1日の離発着は1670回となって、この春夏季より5%減少したとしている。

→【北京のホテルを探す】
→【北京大興国際空港周辺のホテルを探す】

北京大興国際空港トップ
北京大興国際空港から都市間高速鉄道
北京大興国際空港から軌道交通線
北京大興国際空港から市内へのリムジンバス
北京大興国際空港からタクシー
北京大興国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東国際空港からの地下鉄2号線は全列車8両化で市内直通に:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港と上海市内を結ぶ軌道交通2号線(地下鉄2号線)が、10月23日より全列車が市内直通になったと解放網が伝えている。
 上海地下鉄によると、地下鉄2号線はこれまで一部の時間帯において、4両編成列車に依る浦東国際機場駅~広蘭路駅間における区間運転を実施していたが、この区間運転を廃止し全ての列車を8両化し上海市内まで直通運転を実施することになったとのこと。
 これにより地下鉄2号線の運行パターンは、①徐涇東駅―浦東機場駅間、②徐涇東駅―広蘭路駅間、③淞虹路駅―広蘭路駅間の3パターンの運行に集約され、浦東国際機場駅を発着する列車は全て徐涇東駅行となり、国内線が多く発着する上海虹橋国際空港や高速鉄道の発着する上海虹橋駅へ乗り換えなしで移動が可能になる。
 なお、浦東国際機場駅を発車する列車は深夜早朝を除いて全時間帯で6~8分間隔で運行されるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が増発で30分間隔に:中国空港関連ニュース

 山東省済南市の済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が8月13日から増発され、従来の60分間隔から30分間隔になると斉魯壱点が伝えている。
 済南遥墻国際空港によると同空港から済南西駅へ向かうバスについて空港発は09:00~21:00、済南西駅発は07:00~19:00の間、いずれも30分間隔で運行され、運賃は20元/人が設定されている。
 乗り場は、空港側が済南遥墻国際空港旅客ターミナル1階の5、6号門前、済南西駅が西客站公交枢紐(公共バスターミナル)となっている。

→【済南遥墻国際空港周辺のホテルを探す】

蘭州中川国際空港のリムジンバスがダイヤ改正で増便:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から蘭州南駅に向かうリムジンバス3号線がダイヤ改正を行い、増便となったと中国甘粛網が伝えている。
 蘭州中川国際空港によると、同空港と蘭州西駅を結ぶリムジンバス3号線について、従来は1時間おきの運行だったものを、早朝を除いて40分おきの運行となり、増便となったとのこと。
 具体的には蘭州西站発が05:20~21:20の時間帯で、早朝の05:20、06:20、07:20発以外は、08:00~21:20の間、40分毎となる。
 なお、これまでこの路線が経由していた坤逸精品酒店が取り消され、代わりに安寧区消防培訓中心(安寧区建寧東路の楓林小築旅館の反対側))のバス停が設置された。
 また蘭州中川国際空港発については、09:20~00:40の間、40分毎の運行となるとしている。
 空港発のバスの経由地は西固区(西沙大橋)、安寧区(深安大橋、銀灘大橋―金牛街、黄河家縁―柳家営什字―蘭州西駅の順に停車するとしている。

→【蘭州市のホテルを探す】

蘭州中川国際空港からリムジンバス機場巴士2号線が増便:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から蘭州市内を結ぶリムジンバス機場巴士2号線(新勝利賓館発着)が、4月8日より増便され、運行頻度が密になると蘭州新聞網が伝えている。
 甘粛省民航機場集団によると機場巴士2号線は4月8日より増便され、30分間隔の運行となるとのこと。
空港発(T1とT2の間から発車)が10:00~21:00の間に1日23便、市内発(新勝利賓館城市候機庁:城関区慶陽路285号)が06:00~18:00の間に1日25便運行されるとしている。

→【蘭州市のホテルを探す】

 

大慶薩爾図空港において巴士1号線で運行調整:中国空港関連ニュース

 黒龍江省大慶市の大慶薩爾図空港の連絡バス巴士1号線において、航空便のダイヤ切り替えに伴い、バスの運行時刻も変更されたと東北網が伝えている。
 大慶薩爾図空港によると、従前大慶東駅5時発のバスが5時30発に時刻変更されたとのこと。
 また17時40分大慶東駅発と19時40分空港発のバスは取消されたとのこと。
 月水金日に運行されていた20時50分大慶東駅発は毎日19時20分発に変更、
月水金運行の23時20分空港発は、月水金日22時10分発に変更
日曜運行の23時空港発は、火木土運行の21時50分発に変更。
毎日1時30分空港発は13時20分発に変更となった。
 なお時刻変更に伴う運賃変更はなく15元/人のままだとしている。

→【大慶市内のホテルを探す】

承徳普寧空港のリムジンバスで時刻調整:中国空港関連ニュース

承徳普寧空港と市内を結ぶリムジンバスのダイヤが5月7日から調整されたと和合承徳網が伝えている。
 承徳普寧空港によると、空港の運航ダイヤに合わせて承徳市内と空港を結ぶダイヤを変更したとのこと。
 新ダイヤは下記の通り。
碧峰門発(月・水・金・日)
07:00、10:25、13:10、19:45
碧峰門発(火・木)
07:15、07:40、10:25、11:00、18:00、19:45
碧峰門発(土)
07:00、07:15、10:25、11:00、18:00、19:45
経由地:碧峰門→火神廟→五雲橋→火車站(鉄道駅)行政中心→承徳普寧空港
承徳普寧空港発
 航空便到着後20分後に発車。

→【承徳市内のホテルを探す】

1 2