長沙黄花国際空港第2滑走路は今年11月に着工、A380にも対応へ:中国空港関連ニュース

湖南省長沙市の長沙黄花国際空港の2本目の滑走路が今年11月にも着工されることになったと鳳凰網が伝えている。
湖南省機場(空港)管理集団によれば、長沙黄花空港は現在3200mの滑走路1本で運用を行なっているが、湖南省経済の急速な発展により業務量が増加中で、1本の滑走路ではピーク時に運用に支障をきたすようになって来ており2015年に容量が満杯になると予測されている。
このため第二滑走路の建設が急務となり、各準備手続きを経た結果、今年11月にも建設が開始できる目途が立ったとしている。
新しい第二滑走路は長さ3800m幅60mで現在の滑走路の東側380mの地点に建設され、国内最高コードF基準で設計されるため世界最大の旅客機A380も離発着が可能になるとのこと。
またこの新滑走路建設に合せて、現在の滑走路も南北にそれぞれ300mずつ延長され、やはり3800m の長さとなり、2本の滑走路合せて年間2800万人の旅客処理能力が確保されるとしている。

→【長沙のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

1 2 3