中国国際航空が天津―関空線を3月1日から就航:中国空港関連ニュース

中国国際航空(CA)が今年3月1日から天津―大阪(関西空港)線を就航させることになったと民航資源網が伝えている。
報道によれば天津濱海国際空港―関西国際空港線の運行は週3便体制の予定で実施され、再開されれば2002年に日本の全日空が撤退して以来の同区間の運行となるとのこと。
2年前の日中関係の悪化を受けて減っていた中国から日本訪問客だが、最近は回復傾向にあり、京都の花見観光など春の行楽需要などが期待されることから運行が再開されることになったとしている。
報道によると2008年以降中国国際空港が関西空港に対して就航する久しぶりの自社便路線で、関西空港は中国19都市との航空路線があり、日本国内でも最も中国路線が多い空港となっているとのこと。

→【天津濱海空港周辺のホテルを探す】
→【天津市内のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市のホテルを探す】

天津濱海国際空港トップ
天津濱海国際空港からリムジンバス
天津濱海国際空港からタクシー

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

3月15日から春秋航空が上海浦東―関空便を運行へ:中国空港関連ニュース

今年3月15日から中国のLCC春秋航空が、上海―関空便を運航することになったと環球網が報道している。
 2012年9月の尖閣列島問題以降、日中間では国民感情の摩擦から両国を往来する旅客が落ち込んでいたが、ここ1年は徐々に回復してきており中国から京都や神戸を訪れる人の需要も高いことから、春秋航空側では浦東―関空便の就航を決めた。
 運行開始は3月15日から1日1往復が運行されるが、中国の航空会社による同区間の5年ぶりの新規運行であるとしている。
 春秋航空の日本線はすでに2010年の茨城便の就航を筆頭に、高松、佐賀への定期便の運行を開始しているが、今後は今年5月からは日本の子会社において成田―高松、成田―広島、成田―佐賀の国内3路線の就航を準備しているという。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

デルタ航空が上海浦東―米シアトル線を就航:中国空港関連ニュース

 米デルタ航空が、18日から上海浦東―米シアトル線を就航せたと東方網が伝えている。
 デルタ航空によれば今回就航した上海―シアトル線は、上海とシアトルを結ぶ初めての直行便とのことで、208席のB767-300機で運航し週7便が運行されるとのこと。
 この運行により上海とアメリカ各地とのフライト数は週170便近くになり、北米と上海などの長江デルタの距離がますます近くなるとともに、北米に対する上海浦東空港の拠点能力がますます高まると見られている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニア
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

1 22 23 24